FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

新しい楽しみ♪

2009年10月28日
今日はブリザーブドフラワーのアレンジに挑戦してみた。
花がとても好きだけど、生花はなかなか日持ちがしない。
もちろん、だから、いいのだけれど(笑)
ちっちゃなこだわりで、玄関には生花を。
観葉植物などもあまり場所をとらないように配置し
空気が動いている状態を常につくっていたいと思っている。
(昨日アップした植物などもそういうこだわりですわ)

花の色味も常にキープしていたいなぁという贅沢な私。

ただ教室に通うにはちょっと・・・
っていうのがあって
いい物を見つけたのよ(笑)
ブリザーブドフラワーの手作りキット♥
材料一式と説明書と送られてくる。
ふむ・・・これなら不器用な私でも大丈夫☆☆

ってことで
作ってみた作品

IMGP2510.jpg
所要時間1時間くらいかな?
初心者としてはこんなもんでしょ
付属のリボンでは気に入らなくて勝手にアレンジ。
そういう自由さも楽しい

月に一度セットが送られてくる、いわゆる頒布会で6回コース。
紹介しようと思ったのだが
残念ながらそのコースは終わってしまったらしい。
価格も随分リーズナブル



*:。.★★.。.:*・°・*:。.☆☆.。.:*・°・*:。.★★.。.:*・°・*:。.☆☆.。.:*・°・*:。.★★.。.:*


冬が来たと思い、大慌てで冬支度をしたが
昨日今日は・・・割と温かい。
よかったよかった。

とはいえ、備えあれば愁いなし。
寝具いろいろ変えたけれど・・・少し買い替えも必要のようで。

このマイクロファイバーのシーツ類を購入した。
色はライラック
寝具にもきれいな色を使うように意識している。
(写真はブラウンですが)笑



私が家の中を楽しそうに掃除したり飾ったり、お料理したり、くつろいだりしている限り
ともかく
平和です。


例えば現実が意外にそうでなかったとしても
「視点を切り変える」事のできる知恵や
「発想の転換」そんなことができる能力も、
幸せなものや、あたたかいもの、豊かなもの
それらは
こーんな時間の積み重ねの中からじゃないと
生まれてこない気がします。



スポンサーサイト
my favorite | コメント(2)

思い起こせば・・・

2009年10月06日
急に寒くなりました
台風と秋雨前線の影響かしら?
愛猫ミュウもすっかり冬の支度 ざぶい”---


昨日、早めに・・・と寝具を冬用にしたら暑くて眠れなかった~~~(自爆)
今日・・・元に戻した。。。もうちょっと先にしましょ
 
 °・*:。.☆☆.。.:*・°・*:。.☆☆.。.:*・°・*:。.☆☆.。.:*・°・*:。.☆☆.。.:*・°
    

ちょっと机の中やノートなどを整理していて思い出した事メーモリー♪♪
今日はちょっと長くなりまっせ

それらのことはまったくきれいすっきり忘れ去られていたのだが
今日ふと思い出して ふーーーーむふむ・・・  と少し遠い目になった。
ひとり言記録として

中学生の頃、友人とバスに乗った。
この日はあいにく満席で立っていたのだがおしゃべりをしていたら
いきなり  ぴっか~ン・・・と目の前にフラッシュが
        
 ??????・・?・・・・??????

斜め後ろの席に座っていた男の人が
いきなり写真を撮ったようだ。。。

引きまくりの私たち。
すると男の人はこう言った(あくまでもわたしのうすい記憶)
「(それも私のそばまで無理クリやってきて耳元で)ごめんね。勝手に撮らせてもらったよ
目があまりにきれいだったので
そういって、彼は(多分おじさんだった)バスを降りていった・・・

もちろんもっとドン引きさぁ
なんのことかさっぱり意味のわからない友人もぽっか-ン としている
バスの中の人たちも少しざわついている。。。

しかし当の私にも誰にも事の真意はわからない。
変質者として片付けることなのか、何かのお告げととるのか(ばか)
とにかく私はその出来事を忘れようとココロの中に閉じ込めた。
 

やがて多感な少女時代・高校時代
近所の同じ高校に通う友人はみんな自転車だったので
(乗換えしなきゃいけないので自転車のほうが楽なのだ。)
私は一人でバス通学。

その日の朝も満員バス。
立っていた私の前に座る中年の女性。
ほんの10分強の距離なのだが、ずっと私を見ている。
明らかに不自然なくらいに横を向いてまでじっと・・・見られてる

ミラレテル・・・・

結構気持ちの悪いもので
とても落ち着かなくなった私は前に移動しようと考えた。

するとその女性はおもむろに立ち上がり
こう私に言った。

「あなたは・・・とても目がきれいね。ほんとうにきれい。
これからいろんな物を見るだろうけど、自分の目で見たものだけを信じるのよ」

は?・・・・どうも(ぺこり)

ざわーーーと鳥肌が立ち、すぐに最寄バス停になったので降車した。

自分の中で収拾がつかなかったので
学校に着き、一番仲のよかった友人にその出来事を話すと(以下・広島弁)
「えーー??なにそれー
頭のいかれたおばさんに言われたことなんか気にしんさんな。
それよりもそんなへんなこと言われる隙がめぐにあったってことじゃけー
気をつけんと!!まだ女の人だったからよかったよぉ
もうっ私がそばにおったら、言い返しちゃったのにぃ」と、えらく憤っている。

そっかぁ。。。私に隙があったのかぁ
・・・気をつけよ・・・

と、これまた封印。
それからかれこれ20年以上が経ち、思い出してみるに・・・

ま、よくわからない(爆)

不思議な出来事つながりで。
(あっ、ちょっと違うかも)
もう何年も前になる。6年位かな~
暇な方はこのブログの過去をロムってもらえば記述があるのだが
私の音楽教室主催で講座イベントをやるかどうか悩んでいた。
きっと同じような悩みの方も居て、興味を持つ方も居るだろう・・・
だけど果たしてそれが思うように受講者がいて、講座として続けていけるくらい
成り立つのだろうか?周りの人に聞いてまわったり、下調べもしたが
結局はっきりした答えが出ない。

それと丁度タイミングを同じくして
その頃親しくなっていた友人が「私ね、気学をならっているの。
もう師範の資格も最後のレポートを残すのみとなっているのよ
もしよかったらめぐさんも行ってみない?その先生面白いかも・笑」

ふ~ん

なんじゃ?気学って?

・・・と思いながらも
別段その日に支障もなかったので足を運んだ。
普通の日曜日。場所は公園の中にある集会所。
参加者女性ばかり6,7名だったか。

さて来られた先生。
・・・普通の中年男性。50代後半かな?
その会は静かにきちんと進行した。
内容は覚えていない・・・爆
講座代2000円。
授業の終わりに希望者は先生が観てくださると。(+1000円)
私の番が来て先生の前の椅子に座る。

先生が後に回ってこられ、ずっと背中に手を当ててらっしゃる。
(直接背中に触れるわけではない)
その手が色々行き来していて、ふとどこかで止まる。
「あー、あなたは何か決断つきかねるようなことをココにもってらっしゃる。」
「はい?・・そうなんです。やろうかどうしようか答えが出なくて。」
そういうと先生は
「待ってくださいね・・・あれ?もう答えは出ているようですよ」
「え?いや~それがわからないんですけど、どっちでしょう?」
「される とでています。」
「えーでも継続できるか赤字になるなら続けられないし」
「努力するから大丈夫・・・のようです」

そんなことで終わった。
なんか狐につままれたようだった。
詳細はまったく語っていないし、そもそもなぜそんなことが
手をかざしただけでわかったのだろうか・・・

その後、自分の中の決断を結局実行し、なんとかぎりぎりながらも
教室を終えることになる前まで続けられたので
この出来事は封印しているわけではないのだが(笑)

よーく思い返してみても、この自分の記憶をたどった文章を読んでも
「先生は別段すごいことを言われたわけではない」
という当たり前のことに気がついていなかった自分に驚く。

妄信的になっているというか
何か言葉の魔法ちっくなモノにひっかかっていたみたいな、気がする。

別にその先生を否定するわけでもないが
その後のご縁はないし、その友人とも離れてしまった。
節目節目に道先を案内してくれるライトワーカーみたいな方に出会ったのかと
思うことで、それをエネルギーに換え、がんばったけれど
今、思えばそれは自分が努力したに過ぎない。

ライトワーカーなどという大そうなものじゃなくて
ちょっと肩を押してもらったよ的な感じだったよね。きっと。

ま、あとから考えて思うことはたっくさんある。
右肩をちょっと押してあげる人になれることだって貴重だ。
気にも留めていない人の言葉なぞ誰も聞いてくれやしないからね。
ライトワーカーにだってなりたいよ

また思い出した話・・・
色々観てもらってたんだよ(笑)
続きは明日!!


                       たかが占いされど占い
            銀○の母にも観てもらいたいわよ~っって思ってくれる方は↓↓↓


my favorite | コメント(0)

たまったので。。。

2009年07月06日
遊びの約束もたまっているけど
頂き物も・・・ココのところ続いていて。
うれしい悲鳴をプチ自慢(浅いなー)

我が家のしょうゆは川中醤油と決まっている。

色々浮気しても・・・

やっぱりここへ返ってくる。笑

ま、もともと地元のものだったしね、買いやすかったし。

でも離れてもお取り寄せしてでも・・・ですわ。やっぱり。

その広島人の人気を二分する醤油が牡蠣醤油

「そろそろ広島の味が懐かしいかと思って」が送ってくれた子の談。

ありがたい限りです。

また別ではこれも!!お好みソース
焼きそばやお好み焼きにこのソースは欠かせないっす。笑

そしてそしてこんなのも。
「川通もち」
もみじ饅頭よりも喜ばれる様な気がしてたな。(私見ですが)
黄粉もちにくるみが混ざってて・・・漬物と食べるのが私流(てきとー)


・・・
くれぐれも。。。催促ではありませんので念のため(笑)
感謝してやみません。
ありがとう!!

my favorite | コメント(0)

キラキラと。。。

2009年06月22日

新宿のムラマツホールにて西田直孝氏の演奏会に赴く。
ロマンティック・フルート
西田直孝 シューベルト メンデルスゾーン
B00005UKM3


先生との再会は半年振りだった。
そんなにキャパが広くないホールなので
あっという間にチケットが完売してしまい
私と友人は
「万が一チケットを購入されたお客様がこられなかった場合なら入場できます」
という可能性にかけて・・・笑

一つしか席の空きはなかったのだが・・・
なんとか入れていただけた!!

p4.gifp4.gifp4.gifp4.gifp4.gif 
前半はフルートと鍵盤楽器用に編曲されたバッハのソナタ、
メンデルスゾーンのソナタ
師のお気に入りの楽器銀のフルート(詳細は避ける)で。

後半はモーツァルトの「泉のほとりで」の主題による変奏曲、
シューベルトのソナタ 楽器は金のフルートで。というプログラムだった。

グランドピアノの蓋も全開で、バランスは大丈夫か?と初めは思ったが
とてもいいバランスだった。
音のバランスを気にして、ピアノの蓋はコマ一つか中ぐらいにしがちだが
そうすると、本当にピアノのメロディーを際立てて聞かせたくても
聞こえないのだということに気がついた。
・・・が、しかし自分が演奏するときに全開で望めるかどうかは・・・
無理な気がする。苦笑

師の演奏を聞くのは久しぶりだった。
CDやレッスンの合間などには聞くが
客観的に聞くのはとても久しぶりで、
いろんな思い出が湧いては消えた。

独特のタンギングやフレーズ始まりの音の美しさ
やさしさや、激しさや、情熱や。
それらのたぶん師の持つ人間的なものが溢れていた。
いつもレッスンのときに「何か一つでもいいから音で表現しようとして」
との教えをいまさらながら思い知る。
そして、テクニックに走らない、フレーズから溢れ、こぼれ出る音符のつながりが
メロディーになり、それが音楽になることを感じる。

小さい音符♪一つ一つにこだわり大きな流れに目が行かない
これって音楽に限らず。。。だよね
目先の一つ一つにとらわれ、迷い、悩み・・・ではなく先の目標を
見据えて大きく歩くことが「ぶれない」第一歩。

いろんなものを感じ、空想して一瞬トリップした。
自分が紡ぎだすフレーズから作為的にではなく
自然に何かを感じ取ってもらえるような 演奏を出来るように・・・
研鑽していこうという思いを新たにした。




my favorite | コメント(0)

美しく・・・

2009年04月03日
20代も30代もお肌の手入れらしいことをほとんどしていなかった。
たまにリッチな気分のときにエステに行く程度。笑

しかーし30代も後半に差し掛かると
お肌の乾燥が気になるようになった。
とにかくお化粧ののりも悪い

なんとかしようと思っていた矢先
IKKOさんがテレビで「自宅簡単エステ」なるものを。
なんてことはない。
朝でも晩でどちらでも両方しても○
ティッシュにローションをたっぷり含ませて顔に乗せてしばしおく。
小さくたたんだティッシュを広げる小技は結構大変だが
意外にお手軽で朝に晩にとつづけた。
もちろん、顔型の10パックセットとかでローションパックって売ってるよね
それだともっとお手軽なんだけど
朝に晩にしようと思うと・・・ちと財布が痛い。
ここ一番!っていう日の前だけグレードの高いローションパックを使い
普段使いはティッシュで。
やや貧乏くさいがつづけ、確実に変化している。
肌の状態はすこぶる潤い肌

アーここまで書いてきて
あまりに貧乏くさくていやになっちゃった(爆)

たとえ自分にしかわからなくても、パーマをかけたりカラーをしたり
ネイルに行ったり、まつげパーマをかけたり、エステに行ったり
するといういわゆる自分磨きは・・・とても心地いいものだ。
勿論、外見ばかり気にする傾向にある昨今の若者たちを見ると
どうだか不安になったりもするが
だが、それも若者の特権だったりしてね。

外見と中身のバランスが取れている人が果たしてどれくらい居るのか
はたまたそれを証明する手立てはあるのか
・・・なにやら禅問答になりそうなので
あまり深くもない私は早々で切り上げる。


自然の素顔のままで十分美しいよ
遠い昔・・・そんなこと言われたことあったかなかったか。。。(遠い目)

ばかっ
my favorite | コメント(0)

新しい楽しみ

2009年01月19日
1ヶ月前の今頃は・・・ばったばたでまったく余裕がなかった。
正確にいえば。。。心の余裕が。。。か。

友人夫婦2組が私のお別れ会を開いてくれた。
ちゃんこ鍋を食べ、たくさんいろんな話をして、また飲みにいって~♪
そのときのプレゼントにいただいたのが
素敵な入浴剤セット★だった。

私は自慢じゃないがお風呂はカラスの行水で。
夏も冬もシャワーがほとんどだ。
前に住んでいた実家のお風呂が24時間風呂で
文字通り、24時間何時でも入れる。
その代わり、入浴剤などは使えないお風呂だった。
もちろんそのお風呂でさえ、あまり浸かることはなかったのだが。

だんなさんがいるときは寒がり男(さむ・がりお)なので(笑)
たまに沸かす程度だったが、一人になると
まったくお風呂などというカテゴリーはない。
そこへきていただいた入浴剤セット。

夜遅くに帰宅。
遅い夕食を食べ、ゆっくりお風呂に浸かってみた。




れ???




気持ちいいかも。

なによりものすごくあせっていた気持ちが少し整理整頓される。
手足の冷えがない。
その時間だけゆっくり出来る。

なので、風呂上りは次の日にやるべきこと、する順番などが
きちんと予定を組めるようになった。

それまでどんなんやったのか?(苦笑)
・・・笑うしかない。


ということで、それから今日に至るまでほぼ毎日
お風呂が好きになりました。
いろんな入浴剤を試すのも楽しいし。

個人的にはバラの香りのものとか好き♥

今を大切に生きないで何時大切に生きるのか??

ってことを痛感したし、ふと過去に思いを馳せました。
ほんの1ヶ月前のことなのに
なんだかすごい前のような気がします。







my favorite | コメント(1)

よかったよ

2008年05月19日
夜型の私。
朝眠くて仕方なくなるくせに夜になるときらきら輝くわが目を覆えない。
何をしようか・・・もちろん選択肢は限られている。

ということで
昨夜見たDVD
コーラス メモリアル・エディション
アメリカ映画「天使にラブソングを」のフランス版みたいだ。
「池の底」といわれるいわゆる問題児の集められた学校で
人生何もかも中途半端だった音楽家崩れの先生がやってきて
合唱をさせていき、生きていくうえで大切なものを感じていく。

とまぁ。実話らしい。
穿った見方をすればたくさんいいかたはあるけれど
ソロを歌う少年や合唱をしている少年たちのきらきらした顔を見ていると
なにやらじーんとする映画だった。

小説でいえば。。。
白夜行 (集英社文庫)
テレビドラマになっていたのねー
ドラマを見ないから知らなかったけど、小説のほうが断然いいだろうーなー
(自分の中で作った主人公のイメージをドラマの俳優にあてはめたくない気がする)
分厚い本だったけど、夢中になってあっという間に読んでしまった。

心理描写もサイコチックなシーンがあるから
変なところで寝てしまったら恐ろしい夢を見て冷や汗で目が覚めた。。。苦笑

それにしても小説家ってすごいよなー

読み手のイマジネーションをそそる書き方っていうのは難しいだろうけど
普通の人には出来ない技だよ。まったく。
・・・そして私は聞き手のイマジネーションをそそる演奏をしていきたいのだけれど
あいも変わらず、我が奏でる音楽は・・・音符の連なりなんだよねー(涙)

ずーっとまえに「音から色が生まれる」そんな話を聞いて
ぜひきらきらした色に包まれて笛を吹きたいと思ったが
実際どうするのか、どうしたら光が出るのか・・・いろんな吹き方をしてみたがわからなかった。

もちろん今でもなぞは解けていない。
本当にそんな技法があるのか。。。そんな演奏を聞いたこともない。
その読んだ書物は音の周波数を上げると。。。みたいな書き方だったよな

ということで少し調べてみると
色から音への連想、あるいはその逆に音から色への連想を指摘する人もいる。
「色聴(音を聞くと色が見えるという)」と呼ばれる一種の共感覚だ。
古くはゲーテやニュートンがこの色聴について述べている。

ゲーテは色と楽器の音を結びつけて考えた。
トランペットは赤、ウルトラマリンはヴァイオリン、バラ色はオーボエ、黄色はクラリネット、紫はホルンと語ったという。
それに対し、ニュートンは音程に色を感じた。
Cは赤、Dはオレンジ、Eは黄色、など。


共感覚」という聞きなれない言葉
いろんな人がいるんだな~と思いながら、行き着いたこのブログ
なるほど~
☆音楽から色が見えるのは個人差ありなのか・・・
☆あれ?私にもこの感覚あるのかも。

おもしろい発見だじょ♪
ということでこれまで自覚していなかった自分の中の「色聴」を楽しんでみたいと思います。




my favorite | コメント(0)

アンサンブル

2007年12月03日
中旬に船上パーティーでの仕事があり、
メンバーとして3年前にだんなさんの仕事の関係で広島を離れ
神戸に移り住んだヴァイオリン弾きの親友とピアノの伴奏でお世話になっている
同級生3人で即席ユニットを結成した。笑

たまに広島に帰る友とは近況報告などはしていたのだが
音を介しての再会というのは本当に久しぶりで、
もうそんなことはないと思っていたこともあり感激もひとしお。
私の教室で合わせをしたのだが、
新幹線を飛び降り、やってきた彼女と私は楽器をお互い手にして
少しウルウル状態。
また一緒に音を出せるんだね
少々涙もろいお年頃。

とってもアツーイ気持ちになった。
とはいえ、時間に追われる身。
日帰りの彼女。

本番の日も、彼女は日帰りだし、私もその後すぐレッスン。。。
すぐに話がとめどなくなりそうなので
音を出そうとすることに懸命。
私はマネージャーも兼任なのだ。笑

クライアントも会社設立5周年の記念ビッグイベントだけに
私たちも手を抜けない。〔当たり前?〕
一応リクエストはありますか?
と、問うてみたら。。。

船上パーティーだけに「タイタニック」(え??沈没するのか??)
冬ソナ〔冬のソナタの曲たち〕(古くない?)
島唄〔社長の十八番だと〕(プログラミングが難しいってば!!)


。。。とてもやりがいのある仕事でございます。笑

ともあれ、師走は。。。間違いなくソコですわ。。。

呑気に陽だまりの中で爆睡している姫を激写。。。
IMGP1463.jpg


どうやらうっすら目を開け、一瞬カメラ目線になったようだ。

おぬしも女優だねぇーーー
IMGP1461.jpg

この方には師走はまったく関係ないようです。
my favorite | コメント(3) | トラックバック(0)

この季節に。。。

2007年11月29日
久しぶりに冷麺を食べに行った。
私はココの冷麺がすきなんだなー♥

岩手冷麺で、韓国の冷麺みたく透明で歯ごたえのあるヤツ。
暖かい午後だと寒い季節でも大丈夫。〔笑〕
店に来る常連さんなどは
注文を終えるとやる気満々でさっさっと服を脱ぎノースリーブ姿に。
なんて兵〔つわもの〕なんだと。。。しばし、そのお兄さんはかっこいい肉体だったので
惚れ惚れ見てしまった〔笑〕

IMGP1464.jpg


その岩手冷麺は辛さをお好みで選べて私は3倍。相方は並。

。。。ちなみにそのつわものは。。。30倍。だと。
ひょ~ぉ やるね~
それほど辛くもないけど後から少し、辛さが来たカナ。

ともあれ久しぶりに満足した時間でした。
場所は広島市西区にありますが。いつも多いので場所は秘密♥
my favorite | コメント(3) | トラックバック(0)

Present

2007年08月22日
こんばんわ
素敵なお話を、贈ります。
いいと思ったらあなたもシェアしてください!

次のような銀行があると、考えてみましょう。

その銀行は、毎朝あなたの口座へ86400ドルを振り込んでくれます。

同時に、その口座の残高は毎日0になります。

つまり、86400ドルの中で、あなたがその日に使い切らなかった金額は、
すべて消されてしまいます。

あなただったらどうしますか?
もちろん、毎日86400ドル全額を引き出しますよね。


私たちは一人一人が同じような銀行をもっています。


それは時間です。


毎朝、あなたに86400秒が与えられます。

毎晩、あなたがうまく使い切らなかった時間は消されてしまいます。

それは、翌日にくりこされません。
それは、貸し越しできません。

毎日、あなたのために新しい口座が開かれます。

そして、毎晩、その残りは燃やされてしまいます。

もし、あなたがその日の預金をすべて使い切らなければ、
あなたはそれを失ったことになります。


過去にさかのぼることはできません。


あなたは今日与えられた預金の中から「いま」を生きないといけません。

だから、与えられた時間に最大の投資をしましょう。

そして、そこから健康、幸せ、成功のために最大のものを引き出しましょう。

時計の針は走り続けています。
今日という日に最大限のものをつくりだしましょう。


1年の価値を理解するには、
落第した学生に聞いてみるといいでしょう。

1ヶ月の価値を理解するには、
未熟児を産んだ母親に聞いてみるといいでしょう。

1週間の価値を理解するには、
週間新聞の編集者に聞いてみるといいでしょう。

1時間の価値を理解するには、
待ち合わせをしている恋人たちに聞いてみるといいでしょう。

1分の価値を理解するには、
電車をちょうど乗り過ごした人に聞いてみるといいでしょう。

1秒の価値を理解するには、
たったいま、事故を避けることができた人に聞いてみるといいでしょう。

10分の1秒の価値を理解するには、
オリンピックで銀メダルに終わってしまった人に聞いてみるといいでしょう。


だから、あなたの持っている一瞬一瞬を大切にしましょう。

そして、あなたはその時をだれか特別な人と過ごしているのだから、
十分に大切にしましょう。

その人は、あなたの時間を使うのにふさわしい人でしょうから。

そして、時はだれも待ってくれないことを覚えましょう。


昨日は、もう過ぎ去ってしまいました。

明日は、まだわからないのです。

今日は与えられるものです。


だから、英語で「いま」をプレゼント(=present)と言います。

DX06438.jpg

my favorite | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »