FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

今のご時世

2006年05月31日
「個人情報保護法」ということが法律で定められてから
ちらほら耳にする言葉だ。
もとより、ふつーの人にとっては
何のためなのかよくわからない法律でもある。
今まで不便がなかったなら余計だ。
一部の人が小賢しい知恵をはたらかせてぷんぷん犯罪という匂い
のするものにするからこういうことになるのだと
腹立たしく思ったりもする。
普通の学校は学生名簿なるものを出さなくなったと。
だからよほど親しい間柄でない限り、
何組のだれそれちゃんっていうのはニックネームや
聞きなれた名前でしか知らないのだと。
卒業アルバムだってそうだ。
昔電話がかかってきたこともあったモンなー
知らない人から、「卒業生名簿を見て」とか。
もちろんそれは犯罪とは無縁で単なる恋愛ごっこ。

成績も開示できないから大学生などは
本人の同意なしに第3者に(親といえど)いえないのだ。
「うちの子の成績はどうなっているのでしょう?」
「個人情報の保護法に基づいて開示できません」
そんな馬鹿な話があるだろうか?
もちろんそれを教えない親子の間にも問題はあるのだろうが、
なんとも情けない話だ。

また、看護士さんの話では総合病院の場合、
誰が何科にかかっているかがわかっては困るというので、
昔からある「○○さーん、どうぞ~」みたいなのはなくなって
受付番号で呼ばれるらしいのだ。
そうすると困るのがお年寄り。
自分の番号を聞き流してしまい、
成す術もなくいつまでも待合室に座り込んでいるというから、
かわいそうな話だ。
普通の私たちでさえ、テレビを夢中で見ていたとか
本の世界にどっぷりはまり込んで受付番号を聞き逃してはいないかと
何度も出しては確認するような番号を
お年寄りたちは受け入れるしかないのが現状だろう。
また、お見舞いに行きたくてでも病室などはわからないので、
今までは大抵病院名だけ聞いてとりあえず行き、
詰め所や受付で尋ねていたのだが、
これもまた「個人情報ですのでお教えできません」ときた。
これは如何なもの?

また就職活動などにおいて企業は採用に際して
性別を明示しての求人も禁じられているそうだ。
普通求人サイドはあらかじめ男性を採るか女性を採るかをあらかじめ決めている。
だが口外すると危うく訴えられるので一切言わない。
だが、そのせいでチャンスがはじめからない求職者も、
読まれぬままに捨てられる履歴書をせっせと書かなければならない。
だって知らないのだから。それっておかしくない?無駄すぎるよね

・・よって本当にそうなのか雑誌のチラみなので、
真偽の追及は避けていただきたいが
求職者を採用するとき男か女か判別できない名前。
写真も添付されてない場合は最悪である。
紛らわしい名前の人は最初から落としてしまうのだそうだ。
たった一人しか採用しないのにそれに対して何百もの募集がある。
本当は「男性を採用」決まっているが言わない。
男性であっても晶さんやらまことさんやら、忍さんやら
・・・そんな人は即却下。
やっぱり変だよね?
誰が得をしているのか?
スポンサーサイト
うわさ | コメント(2)

はぁ?

2006年05月30日
3月末に起こした事故?起きてしまった事故のその後。

バスは止まっていたんだってー

それはそれは全く気がつきませんでした

低額訴訟とやらに持ちこむそうです。保険屋がんばれ!
なんだかなー

こういうのっていったいどこで落ち着けばいいの?
日記 | コメント(8)

鉄漿・眉なし

2006年05月29日
今日読んでいた本の話.
噂では聞いていたけど…。
ペリーが来るまでの鎖国の江戸時代、女性たちは
鉄漿(この文字をお歯黒と読むのですね)
・眉そりが一般的だったと.
お化粧しないは不良のはじまりお歯黒は、結婚が決まった女性が。
そして、眉そりは妊娠した女性が。
というおめでたいこととセットになった風習だったとのこと.
特にお歯黒は結婚が決まるということでもあるから
近所7件から鉄漿(かねみず)というお歯黒の液をもらうという
儀式でもあったため、お上からこの風習はやめるように
といわれても、なかなか廃れなくて,
逆に粉末のインスタントお歯黒が発明されて
明治20年代にはより盛んになったと.
歯は黒い方が美しいといわれていただから、
昨今の「歯もホワイトニング」という時代とはかけ離れてるよね。
ちなみに最後のお歯黒女性が確認されたのは
昭和52年秋田県に住む96歳のおばあちゃんだったとのこと.
ピンクレディーが全盛の時代だから…結構最近だが…

読んでいて何が引っかかったって…
ペリーが鎖国を止めさせに来たときの日記.
これが…「彼女らがつつましく微笑むと、ルビーの唇が開いて
恐ろしげに腐食した歯茎に真っ黒な歯が並んでいるのがにゅっと現れた。」
日本人は世界一醜いと記したそうだ.(苦笑)

さほど遠くない過去に日本人の島国根性を確認してしまった気がして。

補足ですが、眉のそり落としというのはフェチがいたそうで
青ければ青いほど好まれたというから呆れる.
でも、眉がないと年よりも更けて見られるとのことで
この眉そりはお歯黒よりは早くに廃れたとのこと.(麿はやっぱ普通だったんだろうね)

その時代に生きていたら、きっと何の疑問も持たずに
お歯黒で眉そりして生きていただろう。
美的感覚というのは人の根本に根付いているようなものではなく
やはり植え付けられるものでもあろう。
幼少からの環境のなんと大切なことか.
おそろしや.集団真理と「みんな一緒だから大丈夫」という無知.
ただいま読書中! | コメント(0)

思ひ出②

2006年05月28日
「ピアノが不要になったので要りませんか?」
母のお友達からの話だった。
昭和40年代に購入したもの。色はワインレッド。調律はこの数年していない。
不要であれば処分してしまう・・とのこと。
どんなものかも知らないで誰かを紹介するわけにもいかないので
母と一緒にそのお宅に赴く。

ピアノがなくなった後の家具のレイアウトもすでに考えられている。
そのお宅の娘さんがピアノを弾かれていたらしいが、
「大学生になり全く弾かなくなったし、もう古いピアノだから…」
と、その家の主は言う。
主がピアノを購入したわけではないのだ。
全く弾かれていないらしい風貌のピアノが
リビングの一角にそっと佇んでいる。
いい色。当時はきっと高価なものだったと思う。
ぽろぽろと弾いてみる。
なんともいいやわらかい暖かい音色。
ピアノが語りかけてきたような気がした。
1鍵だけ、不具合のあるところがあったがそれ以外は
本当にいい意味でレトロでいい代物。
もう一つ、弱音ペダルがないのだ。
電子ピアノは音量を調整できるがピアノはそれができない。
弱音ペダルがあったとて、いかほどのものでもないのだが
昨今の住宅事情を考えると・・・やはりあったほうがいいに越したことはない。

そんなことを考えていると、そのピアノを購入した母の友が
私たちがいるのを知っていて寄ってくれた。
「どうかしら?」

…結局、いただくという話はなしで帰途についた。
本当に残念な話。
我が家にまだピアノをもう一台置けるスペースがあれば
置きたいくらいのいい音だったが置けるわけもない。
楽器を演奏する者として、楽器がどれほど愛しいものか。
そして購入した人はどれほど思い入れがあるものか。
「ピアノを購入したときの想いやら、思い出やらが詰まっていて
捨てるに忍びないのよ…」
購入された母の友人はそう寂しそうに言われた。
そうだろうそうだろう。
ピアノに限らずそのものがやってきたときの家族の笑顔。会話。
そのときの家具からなにから。
処分するといわれるよりはどこかの誰かに使ってもらいたい
というのが心情であろう。

思い出なんて、胸にしまっておくようなことなのに
やはり人は形に捕われる。
目に見えるもの、触れることができるもの、語りかけてくれるもの

目に見えないものが見えたとしたら、人が触れることができないものに
触れることができたとしたら、聞こえないはずのものが聞こえるとしたら
過去を振り返ったりしないのだろうか?
懺悔をしたりしないのだろうか?
いつも幸せでいられるのだろうか・・・?
flower44.jpg

日記 | コメント(2)

Mozart

2006年05月27日
格別深い意味はないのだが昨今、MOZART生誕250年とやらで
えらく盛り上がっているのでちょっと便乗してみた。
色んな特番が組まれていて、何気に聞いているだけ
(テレビを?)でも結構面白い.
MOZARTの音楽にはある特定の周波数が流れているとか、
親しみやすいメロディーの分析であるとか、
何のためにそんなことをするのだろうかと思うほどの
データ解析がなされていて
私たちにはもちろん到底できない実験なので
フムフムと納得してしまうのだが.

人に与える音楽の影響というのは多分測り知れないものだろうと思う.
目に見えないことが大きい.
確かにMOZARTの音楽を聴いていると高揚感が増したり、
ストレスが緩和されたような気がするが
万人に共通なのだろうか?
私のアレクサンダーの師、片桐先生に以前、
トマティスメソッドという言葉を教えていただいた.
そのメソッドではMOZARTの音楽を聴きながら
効果的に外国語の習得にいそしむ・・(微妙に違ってたらごめんなさい)
MOZARTの音楽を聴くと聴覚が極端によくなる
という理論から成り立っているらしいのである.
また、それぞれの国の言語によって音程や周波数(波動)も違う
というから面白い話でもある.

あぁぁぁ・・書きながら何が書きたかったのか忘れてしまった.
たしかにMOZARTは偉大であろう.天才であっただろう.
(ちょっと文章を引用してきた.私の言葉だけでは不足だろうから)

トマティス博士とモーツァルト効果

モーツァルト誕生から200年後、アルフレッド・トマティス博士
というフランスの医師が、子どもの学習と音環境の関係について
リサーチを行いました。
トマティスは、赤ん坊は生まれる前から音を聞いているということ、
そしてこの出生以前の聴覚経験が、幼児の成長の
重要な要素であるということを発見しました。
トマティス博士は「モーツァルトは素晴らしい母親だ」
と表現していたそうです。

モーツァルトの素晴らしい威力のあかしは、これだけではありません。

1990年初頭、カリフォルニア大学のゴードン・ショート、フランス・ローシェ
両博士によってモーツァルトの音楽を聴かせた生徒たち
に対する一連のテストが行われました。
この研究によって、スタンフォード、ビネ知能検査が、
テスト前に10分間モーツァルトを
聴くことによって大きく向上することが分かりました。
続けて行われた研究でも、基礎的な音楽教育を受けた幼児は
コンピューターや他の形でのトレーニングを受けた同期の幼児より
高い能力を示すことが分かりました。

集中して聴くこと、あるいは専門家が聴覚的トッラキングと呼ぶ行為は、
私たちの精神の「構成」を事実上変えることができるのです。
新しい技術で機能中の脳の内部を覗くと、
音楽を聴くことが私たちの時間と空間の感覚、そして知覚全般に
影響を与えているのを見ることができます。
モーツァルトは特別な言葉であなたの心と体にかたりかけるのです。


私だけの言葉で言わせていただければ、MOZARTがすべてではないと思う.
人を癒したり、元気にしてくれたり、悲しくさせたり、
それぞれのシチュエーションの音楽ってやっぱり一概には言えない.
今の大ブームはいかがなものかと・・・どこかの誰かが仕掛けた販売戦略以外の何者でもない
・・・だからそれにまんまと乗せられたくない気がするのはわたしだけ?
日記 | コメント(4)

すごいな

2006年05月26日
すごいなーFC2って…
アマゾンにも対応できるようになってるし。
これまでリンクで引っ張ってきていたのが
必要なくなってきて。
ほんとにすごい!
無料のブログはホンとにたくさんあるけど
ここまで懇切丁寧で作りやすくて、高機能なのはやはりFC2だと思います。

ということで、いつもとは違う方法でFC2の機能を使って
アマゾンから本を引っ張ってきました。
図解 アレクサンダー・テクニーク 図解 アレクサンダー・テクニーク
グリン マクドナルド (2004/12)
産調出版
この商品の詳細を見る



うわーすごいかんたんだわ




さて、フルートのレッスンのときに私のきづきが本当に多くなった。
ある意味アレクサンダーとのコラボレートのようだ。(笑)
生徒さんをモデルにいろんなことを試してみることができる。
自分自身だとかなり考えすぎる傾向にあるので
素直な生徒さんをモデルに・・ということが少なくない。

最近よく使うのは音がちじこまっている人に対して。
うーーーん、うまくいえないのだが
近くではそこそこ聞こえるのだが、空気の振動を使っての
生命が伝わってこなくて。
そういう人って、まず完璧に体が固まっていて、腕も肩も
そして首もひざも。
「息を吐いてごらん」そういっても吐けなくなっている。
重心を左右に移動しながら足踏みをしたり、歩いてもらったりする。
ゆらゆらしながら吹いてもらうのだ。
もちろん「一変にそんなことできません!!」と悲鳴を上げられるのだが
(生徒さんにしてみれば音符を読むだけでなくスラーやタンギングもあり、
それ以外に動きが加わるのだから)
音に乗ってごらん♪そういって、音を間違えようがどうしようが
とにかく流れに乗せる~
決して広い教室ではないのだが(せまい)あえて、フルートを吹きながら
歩かせたりもする。
そうすることであら不思議!!
音が生き生きしてくるのだ。
これは試してみるべしなのだ。

本人も気がつかない位、理由もわからないことがたくさんある。
ただひざが緩むだけで・・とか、首の位置を変えるだけで・・とか
顕著に答えが出る。

それがアレクサンダーのようだ。
面白くてたまらない。
耳より情報 | コメント(0)

思ひ出

2006年05月25日
今日、ラジオの中から聞こえてきた音楽にふと手が止まる.
なつかしや…
ウィンダム・ヒルだった
WINDOWS ウィンダム・ヒル・ベスト・オブ・ピアノ・コレクション
高校生のころよく聞いてたんだよね
あれ?大学生だった?
小学生のころはリチャードクレイダーマンに憧れたっけ…
「渚のアデリーヌ」がどうしても弾きたくて
楽譜を購入して勝手に練習して、先生にみてもらった記憶がある.

ウィンダム・ヒルは・・・
苦い記憶がよみがえる.
コンサートを聞きに行った帰り、当時付き合っていた彼に
私から別れを告げた.
食事もおしゃべりも普通どおりにして
帰りに別れを告げたひどいわたし…
若かったんだよね

そのときの彼の唖然とした顔がなぜかよぎってしまった
そう。このウィンダムヒルを聞きながら…自爆
my favorite | コメント(0)

ベーカリー

2006年05月24日
3月にホームベーカリーを購入してからというもの
パンを買うことはなくなった。
出来栄えは一進一退。悲喜こもごもだがそれなりに楽しんでいる。

みんりんさんのようにすんごいおいしそうなパンは絶対作れないが
食パン類ならなんとかそこそこになった。
(機械がやってくれるんだから当たり前か・・)

今日は、白い砂糖がなかったので
黒糖を使ったパンにした。
どうせなら、色が変わるついでにレーズンも入れちゃえ!!
IMG_2383.jpg

ほのかに黒糖の香りがして
いつもの白い食パンとは甘さも違う気がした。
レーズンって最近になって食べられるようになりました。
my favorite | コメント(4)

陽だまりで

2006年05月23日
またしてもねた切れだ


陽だまりで…みゅうがしんでいた…
IMG_2381.jpg


あまりにびくとも動かないので
心配してジーッと見つめていたら
テレパシーを感じたらしい亡骸みゅうはそっと振り返った…
IMG_2380.jpg


なんてことはない
…爆睡していたようだ

しかし送ったテレパシー?で振り向くって
やっぱ猫は敏感なのね(意味不明ってことで)
my favorite | コメント(0)

自分は

2006年05月22日
昨日受けたアレクサンダーのワークの感想第2弾。
個人ワークを受けていて。
個人ワークは寝るか、鏡の前に立って受ける。
その中の自分を映し出して動き方を観察するのだ・・・と思う。

普段は何気なくあるはずの鏡の前に立ち、フルートを持つ瞬間
何かが変わるということに気がつく。
音を吹き始めても、絶えずある違和感。
これは、本番のとき緊張してかちこちになっている
自分の状態に似ている。
もちろん片桐先生が側におられるので
アレクサンダー的ないい子をしなきゃと
思うことによっても起きているのだが。(苦笑)

どうも腑に落ちないので、先生にそう思うわけを話し実験!!
鏡の前から離れたのだ。

なぜなのか理由ははっきりしない。
が、
気がついたこと。
私は鏡の前でするとき、人前で演奏して舞い上がるとき
すべての意識が向こうに行ってしまうのだ。
まずここに自分がないといけないのに
自分に錨がないからふわーっとするのかもしれない。
グループワークのときカイロを施術する方の動き方について
先生が言われた言葉の中に
「まず自分がここにいて、(存在して)
それからお客さんのほうへと意識を移行していかないと
変なものをもらってしまいますよ」
その言葉って深いよな
ビビアンのワーク(アレクサンダーの先生)のときにも
それはキーワードだった気がする。
自分の中にはきらきら輝いた活動エネルギーがあるのに
それをなおざりにして、外へ行ってしまうのはもっとも危険だ。
わたしは、すぐに自分以外の何かになろうとする。
そう云う癖を持っている。
遠くにある美しいものにばかり目を奪われて、
自分の内側に在る輝きに気付かない。

本当の答えは、私のなかに。
スピリットはすべてを知っている。

感じること。ワクワクすること。
うれしい。楽しい。ありがとう。
いまここ。
私と云う中心に生きる。
今、此処。
ここにしか、私はいない。

flower8.jpg

お知らせ | コメント(0)

アレクサンダー

2006年05月21日
受けるたびに自分の中での何かが変化していく。
とても楽しい。
自分が受けるワークだけでなく、新しい人との巡りあいも
大きなキーワードなのだ。

今日も楽しい出会いがあった。
ワクワクするような出会いだ。
また何かが広がっていくのを感じる。

内面の変化も感じる。
うまくはいえない。

それにしても人を見ることが楽しくなってきた。
その人の動き方、歩き方、体の使い方、その他いろんな事柄。
しかし、知識はあまりないので
引き出しは限られている。(爆)

今のところ自分がアレクサンダーの先生になりたいとは思っていない。
だが、人が好きなようだ。
いろんなことにトライして、勉強して、それらすべてを統合した何かをやりたいと思っている。
まだまだ先のことである。

心の中や現実はいろんなところを彷徨っているけれど
信念はひとつだ。

私は絶対に飛ぶ!!
お知らせ | コメント(0)

あこがれ

2006年05月20日
ねた切れです

ほとんど外の世界を知りません
たまに玄関から飛び出ても…生来のびびりがでて
すぐ尻尾を巻いて帰ってきます

でも窓の外を飛ぶ虫や鳥や蝶に対しては・・・
窓ガラスに激突してまで・・・飛びつきます

しかし、ゲットならず…IMG_2379.jpg

my favorite | コメント(2)

ようやく

2006年05月19日
PCの不具合も解消。
長い間かかった・・・

結局、すべてデータを消去して初期化しての再スタートなので
これまでのお気に入りやら、いろんなパスワードとか…
なくなった。
それにしても写真や、これまで作った文章や、いろんなデータって
きちっと整理してないモンですな

ま、どういう風にすればいいかの基本を知らないから
新規にフォルダを作ったり、このデータは重いから圧縮かけて・・とか
すればいいのだが、
いかんせん、私はハードにはめっぽう弱いので
初期化して、整理しなおせばいいのだが
それも頭の痛い作業なので、多分またぐちゃぐちゃになるだろう。。。

それにしても整理整頓って
絶対頭の中と似ている気がする。
理路整然としている人、理屈のしっかりした人、かたずけられない人
感情のままにものを言う人、
頭の中も身の回りもいつもすきっとしていたいもんだ。

毎日ひどい雨が続く
今夜のこの雨も
太陽が恋しい。
日記 | コメント(0)

なつかしや

2006年05月18日
教室に飾ってある「ゆめなmusic」の文字。
生徒が修学旅行で北朝鮮に行った際に、有名な絵文字書き師?
にかいてもらったというもの。
20060519204954.jpg

独特の色使いで結構気に入っているのだが
よく、レッスンに来られた生徒さんに尋ねられる。
これは?どこで?どうやって?
みたいな話。
つい先日も、「先生、これってどうされたんですか?」
そう聞かれたのでいきさつを話した。
「えーー先生の生徒さんって、いろんな方がいますよね!!
ホンとに興味深いですわ。先生って(笑)」
「その生徒さんは今どうしているんですか?」
そういわれ、「銀行員をしているよ。
就職してからも研修で広島に来ると必ず遊びに来てくれてたんだけどね。
・・・久しく会ってないけどどうしてるんかな」
誰に聞くともなく一人ごちた。

・・・なんと
数日後、当の本人から電話が鳴った。
「どしたん?」と聞くと
「いやー先生どうしてるかなーと思って懐かしくなって電話してみたんです」
「えーーー、私も先日、どうしてるかなーと思ってさ(大興奮)」

ずいぶん話が盛り上がった。
人懐こい子である。(喜)

それにしても、何か虫の予感とかそういうことをよく聞くが
いろんなことがあるもんだね

少し話は飛ぶが、祈りの念など空間や距離を越えて伝わるらしい。
飯田史彦さんの本にも実験データが載っている。
だから遠く離れた人への愛でも、完治してほしいという祈りでも
極端に言えば怨念でも。
大豆の豆が発芽するように祈る・・という実験もあったか。

興味のある方は探してみてください。どの本に書いてあったか忘れちゃったので。
祈りの心なんて、万人が平等に持っているもの。
どんなことを祈ってもいいけど具体的にそして自分にプラスになること
決して、憎しみや呪いという気持ちを持つものじゃないと思う。
そんなマイナスの感情を発している自分に気がついたら
自分自身を癒してあげよう。

相手は自分の鏡なのだから。

いつもそう思っているが、余裕がなくなると凹む。これも人間なり。

ともあれ…うれしかった

IMG_2365.jpg

日記 | コメント(0)

いじわる

2006年05月17日
レッスン中に生徒が尋ねてくる。
「せんせーって、結婚してるの?」
「うん、してるよ」
「げ??」
「なんで?」
「じゃ、こどもは?」
「いないよなんで?」
子供相手になぜかむきになる…
「だって、結婚したら自然に子供が生まれるんでしょ?」
「…」
「だって、お父さんとお母さんがそういったモン」


後日その子は言いました。
「せんせー、お母さんがね『もし、先生に赤ちゃんがいたら
レッスンしてもらえなかったんだよ。だからよかったね』だってーー笑」

・・・反応に困る私でした。子どもって・・・意地悪。

第2弾
先週のこと。
レッスンを始めて半年経過した生徒。
「先生って結婚してるの?」
「うんしてるよ」
「??(すぐさま私の手をとり、指輪を確認する)」
「それがどうした?」
「えー、お母さんと話しててね、『先生はフルートをばりばりにやってるから、
結婚なんてしてるわけないよ』っていってたから…」
「それとこれは関係ないじゃん(またしてもむきになる)」
「それに結婚してたら、赤ちゃんが生まれるでしょ?
あれ?じゃ、先生赤ちゃんは?」
「いないよ」
「えーーーじゃ、今からできるってこと?」
「うーーん、そうかもねーー」
「さいあく!!」
「だから、なんで?」
「赤ちゃん生まれるまで、レッスン休むんでしょ?
先生以外の先生はいやだってお母さんと話したんよ!!」
「…なんで、怒るの?しかも、今、お腹が大きいわけじゃないジャン!」

こどもって…いや…お母さんも含めて・・・意地悪だよね
レッスンにて | コメント(2)

なんちゃって教師

2006年05月16日
今の時期、教育実習の先生がちらほらする時期らしい。
ちらほらという言い方は語弊があるが。
今日移動中、車の中から見たバス停に立つ教育実習生らしきお姉さんを見て
・・・あんなことあったなーと思い出したのだ。

教育実習というのは大抵母校か、寮生や実家が遠い人は私学へ…
ということが決められている。
私は高校時代の音楽の先生が「わしのトコで修行させてやる!」
みたいなノリだったので(こてこての広島弁)
いざ高校生の元へ!!

今でこそ当たり前だが、授業のカリキュラムを組むということが
本当に苦痛だった。まじめすぎたのだろう(苦笑)
ただでさえ、あまりやる気のない生徒に
「さぁ。歌うわよ!」
的なノリでいこうものなら・・・ドン引きされる。
もちろん高校で音楽を選択するくらいだから、
音大を目指していたり、ある程度音楽が好きな子ばかりなのだが、
中には寝に来ている奴もいる。

そこのトコ、そういう目で見学すると当たり前だが、
恩師はすばらしく生徒の引き込みがうまいのだ。
しかも寝ている子も起きて(それもうまく言葉をかけて起こす)、
意外に楽しそうなのだ。
だが、教育実習生の授業となると絶対起きない。
決定的な何かが違うのだ。
結局その何かを2週間ではつかみきれない中、終わってしまった。

カリキュラムの組み方だって
45分授業だとすれば、最初の10分で導入。
自己紹介を交えながら生徒が興味を持っていそうな音楽の話を振る。
少し、動きがおきてきたところで発声練習。
教師も大きな声を出してピアノを弾きながら歌わせる。
「まめまめまめまめま~♪まめまめまめまめま~♪じゃーん
半音ずつ転調していくのだ。ここまでで初めから20分くらいの経過。
その後、リコーダーであったり、イタリア歌曲であったりドイツ歌曲であったり
そんな課題を歌わせたり、楽典を教えたりする。
最後の5分はちょっとした次回へ持っていけそうな話をして授業を終える。

だが、恐るべし奴らは私たちのことをもちろん先生だとは思っていない。
理解しているかどうか確認のため、教室を巡回しようものなら
先生、スカートひらひらしてきれいだね」とか、
ちょっと緊張してる?」とか・・いうのだ。
今の私なら[あら~ん私にほれちゃーだ・め・よ」などと
ウィットに飛んだ?ジョークの一つでもかませたろうが
あの頃は、その時間配分やら、やる気のない生徒のほうに意識が行き
苦笑するだけだった。
未熟やなーーー

実習終了後、一人一人が提出せねばならない「実習簿」なるものがあるのだが
それに恩師がコメントを寄せてくれた内容は・・・
私の中で忘れられない思い出となっている。

「完璧にしようと思うあまり、意識が分散してしまい
せっかくの君の明るさや優しさや、本来の君の持つ良さというものが
十分に発揮できていないことが残念でした。
修行を積んでまた私の元へ戻ってきてくださいね」
多少変化しているがこんな内容だった。
私らしさって何?私のよいところって何?
そう思いながら、母校を後にした教育実習回顧であった。

日記 | コメント(4)

どうしても

2006年05月15日
ふとしたときに聞きたくなるメロディーって誰しもあるでしょう?
私は、もちろんクラシックが好きなのだが
外せないものの中にアンドレ・ギャニオンがある。
風の道
アンドレ・ギャニオン
B00005R13Rそしてそれは多分、ホッとしたいときだったり、
さみしくなったときだったりするのだ。
もちろん明るく元気な曲を聴いて元気になる方法
もあるのだが夜ひっそりと・・とか車の中で・・
とかいうときにこのアルバムは欠かせない.


私は自他共に認める涙もろいヤツなのだが
泣く・・という行為もストレス解消になっているらしい.
・・なので、午後遅くからしかレッスンがないときなどで、
いい映画があるときはWOWOWにお世話になる.
これがまた昼間から泣けるやつをやっているんだよね

お化粧がずるずるになって、慌ててレッスンに行くことも多々有り.
だけど不思議とすっきりしているんだよね
笑うのも泣くのもどちらも・・結局感情を表に出すということは
自分の心身のバランスを保つには不可欠なんだろうね
嫌なことは嫌だと、嬉しいときや喜びのときだけでなく、腹が立つことも
きちんと表現したいものだ.
じゃなきゃ、誰にもわたしが伝わらない.(自戒を込めて)
my favorite | コメント(2)

赦!

2006年05月15日
昨夜のマイナス発言ブログは心配メールや、お叱りの言葉を受け
改心いたしました☆
本当にごめんなさい.

何より自分にごめんなさいですね

弱っているときには悪いものや無意味なものをひきつけるもの。
わかっていたのに・・・外に出すことによって楽になるかと思いましたが
現実はそうではなく、かえって出すことでなんだか言葉が言霊(ことだま)になり、
生きもののように歩き出してしまいました.

ますますおえっって吐きたくなる気持ちになったのが正直なところです.

・・ということで復活宣言です!(はやっ)

いい人と知り合い、これまであまり上手く付き合えなかった人とは
お互いにいい関係が持てるように
そして、今までいい関係だった人とは
これまで以上に充実した関係になるように
「期待することをあきらめる」のではなく、
不満に思う分子を取り除いたり、いい因子に変えながら、
対人関係の大きな大きな輪を作っていきたいと思っています.

みんなみんな今生で出逢う人は広い意味でのソウルメイトなのです。
お互いに誇りを持てるような人間関係作りたいです.
そして、自分がそう思って信じてないと、相手だってわかってしまいます。

私の好きな言葉です。
IMG_2367.jpg考えれば 知恵が出る
行動すれば 発見がある
人に会えば 人脈ができる
夢を持てば 人生が楽しくなる
すべては わたし次第




名言・美しい言葉 | コメント(4)

ココんとこ

2006年05月14日
ココのトコ・・いろいろあって元気が出ない。
あーーーー
久々にネガティブ発言してしまった・・・どよー

カテゴリーで言えば・・・信じるってことかな
家族関係であったり、友人関係であったり、知人関係であったり
親戚関係であったり、仕事関係であったり・・・なのだが。
極めて安易に人を信じるタイプだと自負しているのだが
思いがけぬことをいわれたり、思っていることと真逆のことをされたり
嘘を言われたり、約束を守ってくれなかったり・・・

それって多分私にも原因があるのかもしれないが
なかなか凹んでしまう.
信頼関係って小さなことの積み重ねだよね
愛を与え合うことだったり、思いやりの言葉を掛け合ったりだとか
与えるばかりでも成立しないし、受けるだけでも成立しない.
なんで?とか、どうして?とか思うたびに
期待しすぎた私が悪かったんだろう・・とかで
結局納得せざるを得ないのだが、
それは自分をムリして納得させてるだけなんだよね(いいすぎかな)
「すべてをあきらめることだよ」前、あるワークを受けたときの
師匠はそういわれた.
「結果を期待したり、その人の言動にがっかりしたり・・
そんな一喜一憂ばかばかしいじゃん
軽く諌められた。
でもそんな簡単にすべて手から離す事なんてできないよ
そう言ってるうちはまだまだかなー

明日も晴れますように



我が家に咲いたバラ
ぼやき | コメント(3)

アレクサンダーのお知らせ

2006年05月12日
5月21日(日)
アレクサンダー広島講座
あとわずかばかり枠があります
アレクサンダーってどんなもんだろう??
ちょっと興味があるよ
・・・そんな方々!
ぜひとも新しい出会いをしましょう♪


お知らせ | コメント(0)

ぎゃお(*_*)

2006年05月12日
PCの電源をコンセントから抜いたことにより
PCがハードウェアを認めなくて…昨夜は結局復旧できなかった。
今日も電気屋さんに来てもらったのだが
…だめだった。
かろうじて1階だけはつなぐことができるようになったので
ようやく、一安心というところだ。
1日PCが触れないだけで、なんだか翼の折れた天使
みたいな・・気持ち(笑)
とにかく大したことは日々していないのに
ネットサーフィンをしたり、メールをすることでいろいろ充実しているからだろう。(と解釈する)

ところで昨夜書けなかった、保険屋のはなしだけど
向こうのバス会社の事故係と運転手の間の話がきちんとつながってなくて
事故係の人は一方的に私が突っ込んできたと解釈したらしいのだ。
改めて、保険やさんに事故の状況を説明した。(ミニカーを使って)笑
保険屋さんは、これまでの法令集から調べて7:3になるだろうと踏んで
たらしいのだが、私の説明を聞いて見解を変えたらしい。
とにもかくにも、事故の状況をバス会社がきちんと把握していないから
それを説明してから、バス会社の態度によっては法的手段や、
事故紛争センター?(あんぱんまんYさんに教えていただいたところ)
みたいなところにまで話を持っていきます!!
ホンマかどうかわからないけど、そういって帰られた。
なんにせよ、向こうの修理費は2万ちょっと。私のほうは16万ちょっと。
いったいどうなるのか…もう2ヶ月も経つけど、まだ長引きそうである。

この事故で…その事故った交差点は細心の注意をはらうようになったし
考えれば考えるほど、お互いの譲り合いが足りなかったんだなーと思うのだが
一方的に私が悪いといわれるとどうしても「???」と思わずにはいられない。
「一方的に突っ込んだら車の角に傷がいくでしょ?どう見ても横面じゃないですか」
そういうだんなさんの意見を聞いて、感心するだけの私であった。
ぼやき | コメント(4)

うげ

2006年05月11日
昨夜はブログを打とうとしたところでネットに接続できなくなり
いろいろやりたいこともあったのに、自分の部屋のPCもリビングの
PCもことごとく繋がらなくて・・・あえなく撃沈。
・・・なんで?とケーブルの配線を見ると
…コンセントからぶちっと引き抜かれている…
ありえねーーーー

・・もう犯人は決まっている
遅くまでブログサーフィンをしていたヤツがいる。ぐぐ・・・
my mamaです
ということでいまだ復旧ならずなのです。 

はぁ・・・21日までにしなきゃいけないのに
・・・時間がないじゃないのぉーーー(ひとりごと)
ということで何が書きたかったか忘れてしまった。ちっ(おっと…失礼)

昨日はひどい雨でした。
バケツをひっくり返したみたいな。
生徒さん休む人いるかも・・と思っていましたが
ちゃんと濡れそぼってみんな来られました。
レインコートや長靴という装備の人から
まったく普通と変わらない格好の方まで。
皆さん有り難うございます。(笑)
車で移動し、ほとんど歩かない私でも靴の中で
ストッキングがじめりました

夕方から夜にかけては、秋の演奏会の曲決めで
私の属するフルートオーケストラの練習もありました。
大曲に挑戦するため、弦楽4重奏をアレンジして・・・
難しいけど面白くなりそうです。

・・・なんか、支離滅裂だ…
また夜更新します
行ってきます!

あっ、忘れてたけど
さっき、3月末に事故した件で保険会社の方が来られて
・・お話しました。
私は不慣れで丸め込まれそうなので・・・保護者付で。
そのことについては夜また書きます。
ぼやき | コメント(2)

報告

2006年05月09日
GWも終わり、レッスンも通常に戻っている。
こられた生徒さんたちとどう休みを過ごしたか話していて
「おっ!行ってみたい
と思ったところを調べてみた。

山口県の角島大橋というところ。
調べると平成12年だから4年近く前にできているのに
まったく知らなかった。

しばらくは6月の演奏会まで日曜日がつぶれているし、
家族もみんな慌しいため、しばらくは行けそうにないが
落ち着いたころ、絶対行くぞ!!と決めた。

いつか行きたいところって・・・たくさんあるけど
実際に挙げると意外に出てこないものだ。
いつも行きたいと具体的に思っているとより近くなるというもんだ。

私の行きたいところ
身近なところでいえば 角島大橋、世羅の観光花園
少し距離があるところでいえば(小旅行)
沖縄、北海道、黒部渓谷、神戸、京都、大阪、東京
・・・なんやいっぱいあるなー(笑)
外国でいえば、
フランス、イギリス、オーストラリア、ベトナム、韓国、台湾、
…なんやこれもいっぱいあるなー

生きている間に行きたいところはたくさんある。
たくさんの人と知り合いたい。いろんな地に行ってみたい。
土地の人に触れてみたい。本当の自分を知りたい。
・・・ってインナートリップですなぁ(自爆)
耳より情報 | コメント(8)

お詫び

2006年05月08日
5月6日付の私の「耳寄り情報」でお知らせした
白いんげん豆・・・だめでした。
テレビの力はすごくてみんな殺到したり過剰摂取したりしたんでしょうけど
こんな記事になりました★
勇んで取り上げましてごめんなさい!

それにしてもこの間テレビを見たときも感じたけど
ある日突然、白いんげん豆だとか、寒天だとか、ココアだとか・・・

何か裏で仕掛け人がいたりするんでしょうね~

何事もいいといわれることは試したほうがいいと思うけど
それを善にするも悪にするも使う人次第だとは思うのですが。
こんな記事が出ちゃうとケチガついちゃいますね
人間って単純です。

おかげで白いんげん豆仕掛け人は、ほくそ笑むはずが
「あいたた・・・」そんなところでしょうか?

賢い消費者にならなくては・・・
いやいやでも知識は知れてるからねー
ま、何事も流行りものには飛びつかないってことですか?(自虐的)
ぼやき | コメント(2)

人は・・・

2006年05月07日
今日読んでいた本で心を揺さぶられるメッセージがあったので引用する。
無腐性大腿骨骨頭壊死という、骨が壊死し再生を繰り返すという
難病の5歳の少年が書いたというメッセージだ。
書いてあるままを引用。

「イノチヲカケテモ人ヲマモロウ
 ボクタチノココロヲタイセツニソダテヨウ
  
 ユウキガアレバデキナカッタノモデキテクル
 アキラメズニキボウヲモテ。

 力とおかねがせいぎではないこころがせいぎだ。

 空ハカミサマガスンデイルトコロダカラ
 空ニハモノヲナゲダサナイ。

 山の月きれいしんでもたましいはのこる。
 男ノ子モ女ノ子モオトナモいい子。

 いいことをして人をよろこばすなぐさめる
 わるい人もいいこころになるみんな天ごくゆき。

 いいことをたくさんすればかならずかみさまはおよろこびになって
 せかいがへいはになるだろう」

・・・まるで何者からか与えられたかのようなこの言葉に
胸が震える。
もしかするとこれらの言葉は、この少年が人間として生まれるときに
心のエネルギー源としてしっかり握りしめて生まれてきた言葉なのかもしれない。
名言・美しい言葉 | コメント(0)

テレビで

2006年05月06日
今日の番組で見た方も多いと思うが
お米などの炭水化物が大好きで、なかなかダイエットできない!
という人に朗報♥
太らないばかりか、ウエストのシェイプに効果があるというのが
白いんげん豆」だって!!


白いんげん豆  豆をよく洗い、フライパンで2,3分炒める。
炒めすぎると必要な成分がなくなるので注意!
少し色づいた豆をミルサーやミキサーなどで粉末にする。
密閉容器に入れ冷蔵庫で保存して。
1日100グラム。1食あたり大さじ2杯。
必ず炭水化物と共にとることが重要だとか。1kg650円(送料別)




ミルサーやミキサーがなくて粉末にできない、面倒だ
という方には粉末タイプも出ているけど…1日1包~2包で14包 2800円
割高のようです(ひとりごと)
ご飯の上にまぶすとか、お茶に入れるとか、癖がないのでどうとでもできるとのこと。


豆の味がうっすらするがほとんど感じないくらいらしい。
満腹感でだんだんご飯を食べる量も減るし、脂肪も燃焼するし…。
明日あたりから白いんげん豆が手に入らなくなるかもよ

私的には、トマトソースなどで煮込んだものが食べたいかな
(でも粉末のほうがいいらしいです)
試してみる価値有り
耳より情報 | コメント(2)

あつっ

2006年05月05日
今日は平年より2.5度も高かったとのこと。
えーえー今日も結局、インドアでした。
玄関周りを掃除したり、花に水をやったり、花殻をとったりで
小1時間ばかり、外にいましたが・・それ以外はPCの前か
本を読むか、少しばかり練習


20060412105936.gif


昔は休みの日でもどんな日でもかまわず何時間も篭って練習していたもんです。
ある意味強迫観念に近いくらい、フルートを手放す時間が恐かった。
我が家は、私の実家でもあるので、嫁入り前に使っていた部屋が
今の私たち夫婦の寝室でもあるのだが、
嫁入り前から、そこでレッスンをし、ベッドもあり、勉強部屋であり、何より防音室であったわけで。

さすがに、静かな住宅街なので、たとえ防音室でも・・音は多少聞こえる。
今日は久々に 集中してぴーひゃら♪吹き吹き&ピアノも弾いたり。
気温がホンとに高かったので白熱してきて、
キャミだけ・・というセクシーショットで(誰も見てないってば・・・汗)。

クロイツェル フルートエチュード パウルマイゼン編ナニで白熱したかというと…マイゼンのフルートエチュード☆★
練習不足だと感じたときもそうでないときも、このエチュードがためになる。
奥が深くて本当に難しい。
絶対完璧にはなれないもので、そこがまた悔しくてばねになる・・・と思っている(爆)


うがーーーとやり場のない自己嫌悪に陥りかけたので
練習をやめた。

やらなきゃいけないこと やりたいことが多すぎて
いまさらながら時間配分に冷や汗をかく日々だ。(反省)
日記 | コメント(0)

なんて・・・

2006年05月04日
いいお天気だ
「目に青葉、山ホトトギス・・・初鰹」

そうひとりごちるくらい、きらきらした太陽と青い空だ。
庭に植えているバラがたくさんの蕾をつけて
今にも開きそうなものもあったので、
ちょんぎって、生けようと思ったが
「・・・・・▼○■×…□△★」
アブラムシの餌食になっている。それもすごい数…
花についているアブラムシを歯ブラシか何かでこすり落としたら
家に生けることができそうだが…私は虫があまり好きでないので
窓から鑑賞するのみとした(爆)

これからの時期、花々や野菜は害虫や病気との戦いだ。
私は外でそんな作業をすると、必ず虫に刺され、1年以上直らないので
(ひ弱)
花を愛でる資格がないのである(涙)
ぼやき | コメント(2)

どうでもいい話

2006年05月03日
今日、「世界仰天ニュース」(あってるのかな?)という番組に
生田智子さんが出ていた。
・・そうとは知っていたんだけど
改めて「あ・あーーーーチャングムだーーー」って。(当たり前)
   ちゃんちゃん♪♪ 終わった・・・
ともあれ、その番組に出ていたマジシャンの…イギリス帰りの…
だれだっけ・?
名前忘れちゃった…
とにかく、その人は話術も巧みで上品で、しかもすごいテクニック
私は基本的にマジックは嫌いなのだが
この人だけは引き込まれて見てしまう

絶対タネはあるんだろうけど…すごいテクニックだった。

超久しぶりにテレビを見た・・って感じ。
あーーーわたし暇人だ・・・・・

日記 | コメント(1)

またまた

2006年05月03日
ブログをリニューアル
だいぶ慣れてきたとはいえ、自分好みのモノにするには
時間がかかりました。
テンプレートを作ってくれた「Il mio diario」の木の葉さんまで
見に来てくれたりして
悩みつつ、HTMLも覚えつつ…

それにしてもいいお天気の3連休です
私は…(あー暇だってバレバレだ…)爆
お知らせ | コメント(6)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。