FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

うへぇ

2006年07月31日
本日と明日と…超多忙

一応言い訳をしておくことに。笑

今朝は朝一からレッスン。8時過ぎに家をでて出張レッスンをこなし、
その後、広島市郊外の(車で約1時間強)学校のブラスの合宿へ参加。
10時過ぎに到着し、早速フルートパートのレッスン。
あっという間にお昼。

この学校のブラスは学校に寝泊りして、食事は保護者が有志で作ってくれるらしい。
ちなみに昼食は冷麺とおにぎりと味噌汁。
(もちろんおにぎりなどお腹に入らない)
その後、顧問の先生と今後の進め方の打ち合わせや音楽への想いなど
熱く語る。
(いつぞやの記事にも書いたが、顧問の先生は同じ高校の後輩で)
今日はクラリネットの先生とホルンの先生とコントラバスの先生もいたのだが
どの先生もエラク…多分私より若いようで
だーれも口を挟めないでいる中、私と彼だけが熱く語っていた・・ようだ。
そして、炎天下の中、校庭へ。
一応正面玄関前の日陰なのだがそこで、マーチングの練習に入る。

マーチングというのは昨今、ブラスが取り入れている流行物でもあるのだが。
ま、要は楽器を吹きながらきれいに足並みそろえて、きれいな形を描いたり
しながら、音楽も作っていくというもので
全国的にみて、マーチングの優秀な学校というのはホント
惚れ惚れするくらい美しい生きた芸術でもある。

歩きながら音楽も作るわけだから、身体を通して音感やリズムを養い
尚且つ足並みそろえば、心も一つとなる・・・わけさ。

マーチング初心者のこの学校はもちろん初めてなので
楽器はまだもたずに足並みだけで、
とりあえずコンクールに演奏する曲を歌うのだ。
みんな楽譜を覚えていて、自分のパートを強弱もつけて歌うのだ。
歌声が弱かったり発音が弱かったりリズム感がないと
先生が
「お前らの音楽はこんなもんなんかーーーー」
とか

あほ、ボケ、かす

呼ばわりするほど口が悪い。

最近のブラスは女子が圧倒てきに多いので

うっ
と泣いてしまう子もいるのだが

「泣いてもつまらんどーーー意味のないことをするな」

なぞと・・・厳しい。

とにかくマーチングというのは大声で歌いながら足並みもそろえるはずなのに
なかなか揃わないから何度もやり直しとなる。
足も筋肉がつりそうになる。
そしてそれが炎天下の下だからキッツイのだ。

みてるだけでもきつい。
早く涼しい部屋に行きたいと思うが…そんなこといえない(涙)

みるみる汗をかかない私でさえ、体がねちねちする。

1時間強その練習をしたあと、合奏の練習で講堂へ。
この体育館がめたらやったらサウナ状態で死ぬほど暑い・・・

扇風機しか回っていない状態で、集中して音を出す・・・なんて過酷な状況。
意識も遠くなるというもんだ。

ただでさえ、合宿も3日目で生徒たちも疲れている。
「もっと自分らの音楽を表現せーやー」
とか
「もっとどうしたいンか、つたえーやー」

とか
顧問は訴えかけるがいかんせん、生徒たちもやる気は表明するのだが
なかなか形にならない。

そしてハプニング。

顧問の先生が

「もーはーえーわー(もう、知らないの意味)」

と、指揮棒を投げ出して出て行ってしまったのだ。

生憎私とクラリネットの先生はその合奏の中に入っていて
すべてを聞いていたので
一緒に先生とでたほうがいいのか・・図りかねていた。

暑いしココから出たい・・と思ったのは山々だが出られなかった。

なので事の成り行きを見守ることに。

どうするのかと思って見ていると
「やっぱり先生が一生懸命やってくださっているのに、私たちは
だめだと思います。もっとがんばりましょう!」
とやる気満々の子が声をかけて全員「はいっ」とかいって何度も吹いているので

ついつい・・・おせっかいの私が気付くとでしゃばっていた。

「あのさーごめんね。頑張りましょうっていってるだけじゃ
何回やっても同じだよ。みんなはどうしたいの?」

あーーーいっちゃった
顧問でもないくせにでしゃばり発言。
どこかで自己嫌悪を感じつつ、話をすすめてしまっている私。
手を挙げさせて意見を求めちゃった・・・

いい出した手前、その後引けずに1時間ほどみんなに吹かせたり
歌わせたり、ほめたりだめだししたりした後、
少しいい演奏ができるようになってきた。
何事も危機感は必要であるらしい。(苦笑)

一段落したので、生徒たちに今からみんなですることは
先生にみんなで謝ってどうぞ教えてくださいっていうことだよ
と炊きつけ
すねていた先生は生徒全員で謝りに来たためか
すっかり満面の笑顔で体育館に戻ってきた。
生徒たちは泣いていた。(泣きながら訴えたようだった)かわいい

もう汗だくだくだ。

その後も合奏に付き合って、その後夕食を共にし
(豚のしょうが焼きとサラダと味噌汁とポテトサラダにごはん)
10時半ごろ帰宅。

明日も一日中だ。

それにしても生徒たちの熱心なかわいらしい、そして素直なところが
この学校のよさだ。
子どもが中高生の時期というのは結構扱いが難しいのかもしれない。
そこそこ自我もでているし、意地やプライドもある。
いやこの子達に限らず・・・かも。
人間誰しもほめられるばかりでも成長しないし、くそみそいわれてもいじけるだけかもしれないし
そこはさじ加減であろう。

顧問の熱い音楽性と表現力に何とか私も微力ながら手助けしたいと思った。
何よりこの子達を楽しい音楽へ導いてあげたいと
心からそう思った。

すべて人間関係。

いやな人間関係からはこんな気持ちがうまれることはないと思う。



スポンサーサイト
日記 | コメント(4)

にぎやかに

2006年07月30日
今週末は友人夫婦とともに湯来で過ごした。
のんびりと何をするでもなく
母のおいしい手料理三昧をご馳走に
わいわいがやがやと、にぎやかに過ごした。

たくさんの笑顔と、笑いと、食とお酒。
そして何よりたくさんの会話でお互いに元気を養い
これからの展望や夢を語る。

大事な時間だった。
これからもこんな時間をたくさん作りたい。

さて、話はそれるが
夏といえば、車で流す音楽もおのずと変化する。
私の好きなのはボサノバだ。
なんだか照りつける太陽と空気感をうまく過ごしやすく
してくれそうな気がしていて。
と言うことで、小野リサは定番だが
一応ご紹介。
Romance Latino Selection
日記 | コメント(2)

報告(BlogPet)

2006年07月29日
いつも、ゆめなは
なんと
その方はポケットにそれらのごみを入れて
信号が変わるとともに何事もなくあれのように
立ち去ってしまったのだ。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ととろ」が書きました。
日記 | コメント(0)

あれ?

2006年07月27日
今日、信号待ちをしていたときのこと。
目の前に、50代後半か60代と思しき女性。
きちんとした身なり。
颯爽として、サングラスも様になっている。

その方が、目の前で何か動いている。
気になって目で追うと・・・
路上のごみを拾っているのだ。
??
タバコの吸殻、ちょっとした紙くず、
少しなのだが、そのごみをどうするのか
自然と目は釘付け。

なんと
その方はポケットにそれらのごみを入れて
信号が変わるとともに何事もなく風のように
立ち去ってしまったのだ。

誰に評価されるわけでもない行為を
何気にすることってホンとに偉大だと思う。

個人的にはその方を呼び止めて賞賛の意を唱えたかったのだが
あえてそれはやめた(苦笑)

でも今日本当に感動した出来事だった。

いつからそんな無償の行為をしなくなったのだろう…
日記 | コメント(2)

告知

2006年07月25日
プライベートでごめんなさい

私のだんなさんは焼肉やさんをしています。
「へい!いらっしゃい!」という人ではないけれど(笑)
長い梅雨が終わり、暑い夏がやってくると

きたーーーーー^^っ

暑い夏とくればビールの到来
そして焼き肉だ!!
おすすめは特選黒毛和牛です

広島近郊にお住まいのかた!
是非一度足をお運びください♪
ココからHPに飛んでいただくと
お得なクーポン券もゲットできます


niku-yaku.gif

耳より情報 | コメント(4)

夏休みといえば

2006年07月24日
夏休みといえば・・・ラジオ体操でしょ?
子どものころは、学校でもどこでもラジオ体操カードなるものを
配布されていたので
毎朝6時におきて、寝癖のついた髪を整えることもなく
カードだけ首からぶら下げて
すぐ服に着替えて、つっかけで飛び出ていたものだ。
うちの前の公園が集合場所だった。

それにしてもラジオ体操って侮れません。
ラジオ体操第1から続けて2に入ろうものなら
息切れしまくりのぜーぜーはーはー(汗)

そりゃもう(ただの運動不足だってば)

私たち兄弟は幼少のころ、両親の仕事が忙しかったので
夏休みは疎開先の(笑)母の両親のいる鹿児島に
送り込まれていました。
ブルートレインに乗って。

その鹿児島で、両親が迎えに来るお盆休みまで
おじーちゃんやおばーちゃんと過ごすわけです。
・・・といっても何をするわけでもないのですが
宿題をしたり、祖父は養鶏場をやっていたので
鳥のえさやりを手伝ったり、卵をとるのを手伝ったり
畑を手伝ったり、おばあちゃんに連れられて近所の
おばあちゃん家めぐりをしたり。小さな雛鳥を洗うための
お風呂のような洗い場に水を張って小さなプールで
水着を着て泳いだり、花火をしたり、虫を取ったり…

思い出したら結構いろんなことをしていますね
遠い遠い昔のことのような気がしています。

父や母を待ちわびて(2週間も経つとホームシックだったのか)
今日来るという日には朝からずーっと道路に出て
待っていたなぁぁ(しみじみ)

アノころは今のように道路も整っていなかったので
10時間以上かけて両親は広島から鹿児島までドライブをしてきました。

…なんだかラジオ体操から話しがそれました。

ま、鹿児島にいっても
ラジオ体操には参加していたのです。
知らない子ばかりだったけど
仲良くなったのかそうでもなかったのか記憶にもないけど。(笑)

だから私の中では夏休みといえば、どこにいても参加したラジオ体操。

今日、レッスンに来た子にラジオ体操行ってるぅ?
と聞くと(小3)
「いやだあんなの。つまらない」
といわれ・・・がびがびがびーーーーーん

お母さんに話を聞くと、最近は子ども会に入るのも
必須ではないので、出てこない子のほうが圧倒的に多いんだそうで。
なかには「朝早く起こすのがかわいそうで・・・」といわれる
おかぁたまもいましたわね(あいてて)

めったに振り返らない自分の過去。
その幼少時代をすごした鹿児島も今は帰る家もなくなり
そしてこのたびの九州の大雨で被害がでていやしないか
確認する術もなく、懐古調でした。

それにしても子どもたちは毎年の事ながら
別人のように日に日に黒くなり、楽しい夏休みは
いつの時代も変わらないものだと思います。
遊び方は違えどネ。

私も真っ黒だったよね
日記 | コメント(0)

報告

2006年07月23日
今日はアレクサンダーの講座。

このワークを受けはじめて、3年が経つ。
そこから考えると、内面の大きな変化を感じる。
必要があって変わったのだとは思うが
もっともっと変化していきたいと思っている。

そもそも、アレクサンダーを受けることによって
内観できるようになってきた。
いま自分の体が変化していることを
きちんと受け止められるようになったということだ。
まだ、コントロールの域には達していないが
気付くことが大切という柔軟な、
ある意味あいまいな到達点は
今の私にとってとても心地いい。

グループワークでいくつかの気付きを得て、
個人ワークでその気付きにフォーカスを当てる方法を
レクチャーいただいた。
心と体のバランスってホンとに大事。
思うほど身体は弱くないし、思うほど心は強くない。
…こんな例えわからないよね(苦笑)
ひとりでできるアレクサンダー・テクニーク―心身の不必要な緊張をやめるために
↑は最新の新刊本だそうです。
とても読みやすそう本で、私はまだ目次しか読んでいませんが
一応ご紹介。

次回は、片桐先生と私の都合がなかなか合わなかったため
少し時間をおいて10月15日(日)に決定。
興味をそそられたかたは是非お申し込みお待ちしています。

さて話はそれるが
私の教室の前に小さな「立ちくいそばや」みたいなお店があるのだが
「ぱどっく・どんぶりや」(ンな名前だっけか?)
ちょっと友人が遊びにきたり、親しい人が訪れたりして話が弾みそうなとき
そこのぱどっくでどんぶりを注文する。
もともとは焼き鳥やなので
おいしい鳥が食べられる。
炭火で焼いた香ばしい鳥だ。
5人も立てば狭い店内はいっぱいなので
夕方は高校生たちが道路に座って食べていたりする。
ちなみに私は立って食べることはない。
(笑)
そして講座のときの昼食はココ1年くらいずっと鳥丼。

tori-don.jpg

多少色は悪いがアップしてみた。
ビール好きの私はそそられるのだが
この丼を食べるときは昼間だし、ごはんもあるので
さすがにお茶でいただく(笑)

お知らせ | コメント(6)

秘密兵器(BlogPet)

2006年07月22日
きのうは猫とか瀕したかったの♪
ここへゆめなは宣言したいです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ととろ」が書きました。
日記 | コメント(1)

秘密兵器

2006年07月21日
宣言そうそう、リタイヤ気味・・・

日々いろんなことに追われて、そのくせどれも中途半端で
放っているため自爆の危機に瀕している

IMG_1974.jpg


困ったときの猫頼み(?)
いやはや・・・こんな恐ろしいものを見つけてしまった

寝てるんだよ
きっと悪い夢でもみているに違いない・・・
IMG_1973.jpg

my favorite | コメント(0)

そわそわ

2006年07月18日
なるべく毎日更新を目標にしているのだが
人にはいえないこともいろいろしているので(なんやー?)
少し余裕がなくなると…さぼってしまう

ということで頑張ってまた更新するぞ!

私が毎日必ず訪れるよそさまのブログも
更新されていないと、なんか寂しいもんね
どんなネタでもいいから
広げたり、狭めたり、ぐちゃぐちゃにしてでも
アップしようと誓う。(大げさ)

今週いっぱいで学生達は夏休みに入るらしい。
浮き足立ったやつらはほとんど練習をしていない・・・(怒)
夏休みの予定でもちきりのようだ。

プリ撮りに(プリクラを)~♪
おじいちゃんちにお泊りして、お買い物して~♪
合宿があるから~♪
海に行って~♪

香港にいって~♪
・・・中にはこんなのも。

あっこんな方も。
せんせ~、ボーナスでたからお昼おごっちゃいますよ♪

みんな色々だ。

なんだかまとまりがなかったなー
アウトォ
うわさ | コメント(5)

便利な世の中

2006年07月15日
パソコンという文明の利器は本当に便利なものだ。
つくづく、ちょっと知りたいことや誰にも聞けないことでも何でも
そーっと調べることができる。

先日こんなことがあった。

母が欲しいCDがあるという。
タイトルだけは覚えていた。
「マディソン郡の恋」だっけか。
ラジオで耳にして、忘れられないとのこと。

すぐさまアマゾンに検索をかけるがでてこない。
ノーヒット。
よそでやってもでてこない。
日本のうた?それとも外国の歌?
日本語だった。歌詞が切なくて涙が出て・・という。
男の声?女?
…わからないけど上手かった。(爆)

ラジオは何放送?
いつごろ?
何時ごろ?
調べていく。
最近はラジオ局も独自のHPを持っている。
聞いていたラジオ局も担当していたパーソナリティの名前を
覚えていたので、すぐに割り出せた。

番組を調べるとビンゴ!

最近は流した曲もきちんとアップされている。
ということで、欲しかったCDをゲットすることができた。
便利な世の中だ。ほんとに(しみじみ…)

ちなみに母が欲しがったCDはこちら!
マディソン郡の恋
日記 | コメント(4)

カードの恐怖(BlogPet)

2006年07月15日
ととろがサウスがゴールドコーストまで負担しなかった?
いや広島で緊張すればよかった?
いやシドニーへ話しなかったよ。
そもそもサウスが広島でサウスでくしへ移動すればよかった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ととろ」が書きました。
日記 | コメント(0)

いつも

2006年07月13日
ま、いつものことなのだが
いろんなことを抱えてあわただしくしてる。

9月のフルートコンコード広島の演奏会に向けての練習も
起動してきた。
たくさん練習日程が入る。ひぇ~
レッスンとの調整が上手くつくか…つけなきゃなんないけど(汗)

おかげさまでココのところ新しい生徒さんが増殖・・いや増幅中
嬉しい悲鳴とともに、やらなきゃならない役としての仕事や
個人的に持っている仕事など…うががーーー
あげればきりがない。
時間は一日24時間。
いま自分にできることは何か、最大限限界を設けないで
トライしようとしているが・・・体力もいるわね

少しいろんなものがたまってくると
精神力の持続が続かなくなりそうになる。
そんな自分を叱咤激励しつつ、今宵も暮れた。


DSC00016.jpg

日記 | コメント(0)

そのとき

2006年07月12日
ブラスのコンクールに向けてどこの学校も忙しくなりはじめている。
私も数校、フルートパートの子たちの面倒を見に伺っている。
そこの学校の話。

先月から月に2の割合で指導に赴く。
フルートの子は全部で5名。
部内のオーディションがあり、それで合格点に達しない子は
コンクールにでられない…とのこと。
私が行ったのは1度目のオーディション後だった。
なんと!フルートパートの子全員不合格だったというのだ。
??
なにそれ?

・・・ということで一人一人個別にレッスンをし、
注意点等を指摘して、次回頑張るように促す。

そして行ったのは、またしても2回目のオーディション後。
5名中3名は合格。2名は不合格。
結局、ブラスの中で2度目のオーディションに落ちた子は4名。

フルートの子たちと顔を突き合わせ、「ほんでどうするん?」と聞く。
「落ちた子はコンクールにでられないんでしょ?」
「…ハイ。っていうか、先生が怒ってしまって、全員がオーディションに合格しなきゃならないはずだったのに、駄目だったからコンクール自体にもでられないかもしれないんです」
と半泣きで訴えてくる。
「それでみんなでどうしようと話したの?」
先生は怒って話も聞いてくれないので、みんなで話し合って
各パートごとに、練習計画を立てて、それで証明しようと思って・・・」

ま、実際のところ私たち講師がレッスンに行くぐらいだから
コンクールにでるのをやめるということはありえないのだが
きっと懲らしめるために、その態度をとっているのだろうと踏んで
生徒にたたみかける。

「それだけじゃ、みんなの意思は伝わらんと思うよ。もっと具体的にはっきりすっきりいるよ」
そういうと困った表情だ。

で、絶対避けていた話題の落ちた子たちに直撃した。
「落ちてどんな気持ちだったの?」
「…くやしかったです」「…悲しかったです」
「いやいやそりゃ当たり前なんだけど、練習のしかたとかこれからどうしようとか思った?」
「…」沈黙。
「…ならまぁいいや。で他の受かったみんなはこの二人をどうしようと思うわけ?」
「このままでいいやって思うわけ?」
「いいえ!みんなでコンクールにでたいです!」
「ほんじゃ、もっとパートの中で話し合わなきゃいつまでも解決できないよ」
・・・・・

そんな時間を費やし、パートリーダーに叱咤激励し
明らかに遅れをとっている落ちてしまった子にエールを送り?
その場をあとにした。

そして顧問の先生のところへ。
「ほいで、どーなん?」(めっちゃ広島弁)
顧問の先生は私の高校時代の後輩なのだ。

「いやいや、このままじゃ駄目だから、あえて苦言を呈しているんですよ」
との言葉でやっぱりね とニヤリ。
今日の生徒との話を再現する。
「うおぉ、ありがとうございます。はっきりいってフルートパートは分裂していたから
そういってもらえて嬉しいです。!!」

顧問の先生も立ち入れるところと立ち入れないところがある。
生徒も生徒同士で解決しなきゃいけないことがある。
そのプロセスを超えてはじめて団結して一つの音楽を作るという
作業に入れるのだろう。
本当にうまく行ったときは小さなわだかまりも、大きな不安も消し飛んでしまうもの。
でもそこまで本当に泣いたり笑ったり・・だよね

これこそ集団生活のいいところであり、協調性などの社会性が
身につく場なのだと思う。
アンサンブルのいいとこ、怖いトコ改めて、少し離れてみると
・・・おもしろい。

人間って面白い。
お知らせ | コメント(0)

ススメ

2006年07月11日
日々いろんな方と接しながら、かくもはっきり背景が見えることかと
思わずうなづくときがある。
背景…うーーん、バックボーン(英語でいっても変らないか)

ちびっ子などはもっともっとよく見えるが。(笑)

親からの躾、日々言われてきたこと、周囲の大人からの助言、困ったときのヘルプ
・・・それらすべて、その人の人格形成に大きく影響していると
思うことがたくさんある。恐ろしいほどである。

だから昨今の引きこもりや、ニート、残虐な犯罪、
ひいては…といわざるを得ないが、周囲の大人の責任でもあると思う。
大人ですらインナーチャイルドに悩まされるというのであるから、
ほんとの子どもは何を抱えて生きていけばいいのか途方にくれても無理はない。

さて、何がいいたかったのかわからなくなってきた。(苦笑)


うちは幼少の頃から両親が商売をしていたので
それは普通のこととして受け止めていたのだが
昨今は…そうでもないようである。

「あなたがよければ私もよい」

これは逆の言い方「わたしがよければあなたもいい」としてしまうと
まったくおごったえらそうないい方になっちゃうが(笑)

何かお金を使うことがあれば、親しい人との間で使うべし!
んーーーいいかたが難しいが
安いからといって安いトコで買わない。
必ず知人のところで買う。
車を買うなら、お酒を買うなら、家を借りるなら、家具を買うなら、
病院にいくなら、何かを学びたいなら、おいしいものを食べたかったら、
飲みに行きたかったら、旅行に行きたかったら…

そうやってたどっていくと、知人や友人が関わっていた方がお得なことの方が多い。
目先の金額ではたぶん激安店などと比べたらまったく違うだろう。
品数も違うかもしれない。

でも、結局お得なのだということを
私は身をもって親のススメで知ってきた。

何より笑顔が増えるのだ。
周囲の人も必ず関わってくる。
そして、逆に声をかけてもらったときには
誠心誠意対応する。
あっちでもこっちでも笑顔が増えるって
素敵なことじゃないでしょうか。

だから私は、生徒さんでも、一緒に仕事をする人にでも
周囲の環境を必ず聞く。
知っていて損なことはないと思うからだ。
下手したら、この人やたらと詮索するな・・・と疑われかねないが
それでもいい。

あとから、私ドコモに勤めてたのにぃ・・とか聞くより
私の主人は医者なんですとか、車やなんですとか聞くより100倍いいから。(笑)

まかり間違った縁ではないと思うからこそ
一つ関わりごとが増えれば、3つ親しくなれると思うのだ。
なかなか人が親しくなるのには時間がかかる。
人生そう長くはないです
今見る笑顔が一つでも二つでも多かりしことを祈りつつ
日々過ごす私である。
日記 | コメント(0)

バトン2

2006年07月10日
空飛ぶ猫の管理人しゅーるさまよりいただいたバトン?

携帯電話変換候補ナンバー1から5   というお題で。
タイトル「にくきゅう」

いたって普通の答えしかできないよなーーー…と思いつつ
しゅーるさんのおもろい答えのあとには・・・書きづらい・・・(汗)

ともかく


日・ニュース・肉体・ニャイ
…ニャイってなんだろう…いつ打ったの?誰に聞いてるの? とか、肉体…って…いやん♪


食い込んで・苦労・クリーム…食い込むって・・・

今日、希望、気にしないで …ふつうだよね

ゆずれない・ゆっくり・夢   

伺う・ウエルカム・ウォンツ(ドラッグストアの名前)

なんかあんまり面白くない・・・予想通り・・・

ま、いいか。
今日はネタ切れだったのでお題を考えていなかったので。

しゅーる様…失礼しました(涙)

おぉ、そうそう
これもしゅーるちゃんネタで申し訳ない。
ココ数ヶ月いろんなところで話題になっていた豆腐!
風に吹かれてジョニーの豆腐。

一度は高価なのでスーパーで見ても通り過ぎた豆腐であったが
巷の評判がすごいので、勇んで買いに行った。
280円だったからやっぱり高いよね

ものすごいクリーミーで、ねっとりしている。
豆の味がすごくするのかな。
塩でとか、色々聞いたが、我が家はなんてことはなく普通のおいしいかけ醤油。
前評判がいささか大きくて、そこまでのおどろきっでもなかったが
まぁなるほど…ふむふむって。

家族たちはいっこも感動もせんかったし…(嘆)
なんだかふつーに食卓の1皿として流れてしまいました。

ちゃんちゃん♪

熱く語ってくれたUさ~ん!ごめんなさい
日記 | コメント(2)

カードの恐怖

2006年07月09日
カード情報の不正流出の番組を見た。
何からでも得ようと思えば得られるものだと聞き
今更ながら、ネットショッピングなど気をつけねば…と思いを新たにする。

というのも…実はこんなことがあったのだ。


今から10年位前のこと。
演奏旅行でオーストラリアに行くことがあった。
その少し前に友人に頼まれて初めてカードを作った経緯もあった。

旅行に行った際、もちろんカードを使うつもりはまったくなかった。
あまり使い方を知らなかったということもあるが(笑)
ただ、カードには旅行保険というのが必ずついていて…というのが
なんとなくメリットな気がしていただけだ。

旅行の移動中に友人とそんなカードの話をしていて
保険?そんなものがついているの?
何のカード?
・・・という会話になり、財布から出して見せようとしたが

あれ?カードがない。



いつからないんだろう?

まったく覚えていない。

そもそも使う気がまったくなかったので
旅行へ出発するときにあるかどうかの確認も一切していない。

あれ?ないみたい・・・と不安な気持ちを隠して
友人とその話は終わった。

またそのことはすっかり忘れていた。


そして、旅行から無事広島に帰り
出迎えに来てくれていただんなさんの笑顔に安心しつつ
車に乗り込み、色々な話をする中で
そういえばね・・・とカードの話をした。

すると、だんなさんはすぐさま血相を変え
帰ったら一番にカードの確認をしろという。

普段とても穏やかな人なので、なんだかねーと思いながら
帰ってからカードを探す。

しかし・・・ない。

もとより財布の中以外入れるところはないのだ。
自分が置きそうな場所は限られている。

あのね・・・ないんよ

そう話すとすぐカード会社に電話するよう言われる。

夜遅かったので次の日電話をかけた。

まだ事態が飲み込めていない私は、
とんちんかんな電話をしたに違いない。

カード会社の人に「盗難届けは出されましたか?」と聞かれる。
「いや、どこで失くしたかも・・そもそも失くしたかどうかも判らないので・・」
そういうととりあえず警察に行き、国内での届けはだせとのことだった。
今度は警察に行き、
「広島でなくしたか、関空あたりでなくしたか、はたまたオーストラリアでなくしたかもわからないのですが…」
そういうと「こちらとしましては国内に限り有効です」
「はぁ」
ま、とりあえずカード会社の言うように届けだけは出していたので
すっかり忘れて2,3日が経過した。

そしてカード会社から電話が入る。
「オーストラリアでいかれた都市はどこですか?」と。
「ゴールドコーストとヌーサとシドニーです。」そういうと
小さなため息が聞こえた。
「カードが使われていたのですか?」そっと勇気を出して聞いてみた。(大げさ)
「・・・はい。サウスポート?だったかという都市で限度額を超えて使われています。」
「え???そういった場合どうなるんですか?」
あわてて尋ねると、一応保険が存在するので
それが適応されてお客様の方に負担はありません・・との事だった。

そう。
どうやら買い物した際に、カードがするりと落ちてしまったらしいのだ。
私の財布のカード入れは少しゆるくてお金を出すとき横にすると
落ちそうで危ないと思う事が何度かあったのだが
向こうで買い物をするときなど、日本円ともちがうし、若干緊張もあったし
気がつかなかったみたいで。(汗)


かくして、私に実害はなく滞りなく事故は事故として処理されたのだが
そんなことすら忘れていた。
今日そのカード被害のテレビを見て、ふと思い出した。

たまたま私の場合は行っていない都市だったのでちゃんと処理してもらえたが
それが同じ国内の同じ居住区だった場合、それは通らないということだ。

気をつけても気をつけても十分ということはないらしい。

皆さん、お気をつけあそばせ・・・(苦笑)



ぼやき | コメント(5)

安穏

2006年07月08日
親しい方にいただいたおすすめ本の薦めの中にあった内容。
呼吸法を含めるいわゆるボディーワークなのだが
・・・面白い。
ボディーワークって今までアレクサンダーだけだったので
(フェルデンクライスも体験中ですが)
どのワークにも共通項が必ずあって、そのたくさんの選択肢の中から
みんな合う合わないでチョイスするのかもしれない。

共通項はやはり呼吸法である。
先日読んだ資料は「一息四脈」
これってポピュラーなようで。

知らなかった…

端的に言えば、脈が4うつ毎に一呼吸。
これを繰り返していると、意識的であれ、無意識であれ
平常心になるのだと。
逆に言えば、寝ているときや、リラックスしていると感じているときに
このリズムだと問題ないのだが、違うということは危険でもあるということらしい。

イライラしたり、少し落ち着きたいとき
この一息四脈はとりあえず効果的のようである。
耳より情報 | コメント(0)

白湯(BlogPet)

2006年07月07日
きょうととろは、低下されたみたい…
ととろがゆめなと腎臓みたいな分解ー!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ととろ」が書きました。
日記 | コメント(1)

白湯

2006年07月07日
私の好きなサイトに
てんちゃんのスピリチュアルワールドというサイトがある
まったくてんちゃんとは交流はないのだが、
勝手にリンクも貼っている。(興味のある方はどうぞ!)
辛口のコメントがいいのだ。
いつもブログランキングで1位におらっしゃる。

そこでゲットしたいい情報。
てんちゃん、ありがとう。無断で掲載しました。サンキュー♪
 
夏になると出てくる「アイス」(笑)
アイスを食べると、胃が冷えます。
で、
胃の前は、肝臓。
胃の下は、すい臓・胆嚢・脾臓・十二指腸。。
胃の裏は、腎臓。。

かなーーり大変な臓器の集まるところと言えます。

胃が冷えると、全てが冷える。
冷えると、、機能低下ですね。。たぶん。
肝臓の解毒分解機能の低下。。
そこに流し込むビアガーデンのビール(笑)
解毒されない分解されない、、で溜まってくる。。
溜まった毒は、皮膚に出るとシミです。
で、
40℃の白湯です(笑)

量は、夏場は増やすこと。目指せ4リットルです。
なぜなら発汗しますからね。外回りだと5~10リットルの発汗だそうです。
水分ってのは必要です。
何せ身体、筋肉の70%は水分で、水分が減ると細胞が
萎縮して働きが悪くなる。。
血も濃くなる。
リンパも濃いです。

気血の巡りが悪くなる。

つまり「だるーーく」なります。

筋肉の働きの低下で、、、「代謝」が減る。
代謝が減ると太る。
白湯を飲まないと・・・とにかく良いところがひとつも無い。

まず朝起きたときに白湯をグイッと一杯飲んでください。
寝汗が多いですからね。

軽く塩一つまみ入れると良いです。
味があるかないかの量でよいです。

体温に近い、浸透圧が少し近い、一つまみの塩入り白湯を飲むことで
吸収が早くなり、筋肉の動きがよくなり、身体が軽くなります。

そして、外回りでは、胃を冷やさない程度に「水」
をこまめに補充して下さい。
クーラーが効いている室内勤務でも乾燥があります。
白湯でなく、冷たい水の場合、いったん口に含んでゆっくり飲む。
冷たい水だと、急に沢山入れると調子を崩す場合もあります。
そして、一日の最後の寝る前にも40℃の白湯です(笑)

夏場に40℃の白湯も中々難しいと思いますが、
ひとつ今年の夏はトライしてみてください。

秋冬に、これまでと違う身体を体感できると思います。


いま、白湯にトライしています(単純)
皆さんもいかが?
お知らせ | コメント(3)

バトン

2006年07月07日
パン作りはプロの腕前、且つ良妻賢母であろうみんりんから
バトンをもらったので(みんりんの詳細はリンクからどうぞ!)
なんか、昨日せいとから書いてくれと頼まれていたサイン帳を
3週間待たせてやっと書いたばかりだったので
その勢いで書いちゃいます
(勢いないと書けんよなー)笑

 ●部活動は何をしていましたか?

中学時代はバスケ部(スタメン)
高校時代は吹奏楽


 ●委員会には入ってましたか?何委員でしたか?

小・中学校ですべての役をしたので(生徒会長が天)
高校はそのようなものとは無縁


 ●高校時代、何人の人と付き合ってましたか?

どうだろねー
付き合うって・・・同じ人とくっついたりはなれたり
その合間にちらほらと・・・
どうも公的電波ではまずいので・・・忘れた!


 ●放課後はどのように過ごしていましたか?

ラブラブな彼がいたときは放課後残って
ずーっとおしゃべり。
か、部活か。
彼氏がいないときはとっとと帰ったり。



 ●放課後、何回呼び出しをくらいましたか?

何の呼び出しやろ?
くらうっていう所をみると…いじめ?
それとも告られる?
そっちなら・・・経験が(笑)


 ●アルバイトはしていましたか?

まったく無縁。
日々練習に追われていました
その割に恋愛はしてたなぁ




 ●文系、理系のどちらでしたか?

ま、理系でないことは確かです
が、生まれ変わったら理系を頑張りたい!

 ●高校時代の良い思い出は?

たくさんの友人がうちに集まってジュースでどんちゃんさわぎをしたこと
部活の全国大会でバスで岩手まで行ったこと25時間だったかなー
いい師と出逢ったこと
真面目に音楽をしていたこと



 ●高校生のイメージは?

いま来る生徒を見てもそうだけど…わかいなー(当たり前)
私にもあんなかわいらしいときがあったのかしら?
・・・と遠い目によくなる。




 ●あなたにとって高校時代とはなんでしたか?

いまの自分への岐路


 ●高校生に戻ってもらう人を5人

やってくれそうな人いるのかなー

そうだ!みんりんパパ(嫁からもらったというのに・・)、
kanyu、きょんさま、しゅーるさま
あ・・・ついでに聞いてみる?      お京さま・・・

うわさ | コメント(6)

生態

2006年07月06日
今の時期、どこの家の窓も割と開いていて隣の家の物音や
裏の家の話をする声、種しゅの音が聞こえるものだ。
茶碗を洗う音や、怒鳴りあう声も聞こえる。(物騒だ)
洗濯物をパンパンしている音、猫のけんかの声?



朝、八時前くらいだろうか

ティンートーーーーーン
あっ、チャイムが鳴ってる(ドアホンの音)

裏の家の


するとすぐさま階段を下りる足音が聞こえる


・・・まただ・・・・


絶対そうに違いない・・・



急いでドアを開けている(音がする)



…だから言ったじゃない
裏の家だって


しかもチャイムの音違うぢゃン!!


もうかれこれ何度も経験しているのに
・・・・学習していない私の母の生態でした

今朝も急いで降りていきました
日記 | コメント(0)

こいばな(恋愛話)

2006年07月04日
最近、生徒たちにやたらめったら彼氏が出来ていて
その話でレッスンの大半が費やされる一瞬盛り上がる。

下は中2の子から上は40代のレディまで。
幅広くラブラブだ

私の恋愛物語は少々このブログでも披露してきたが
ま、今と私の時代の大きな違いは恋愛のツールだよね
携帯なんてないし、やっぱ手紙でしょ?

うわぁーーー書いててなんか震えてきた
古すぎるっ(汗)
どうやって付き合うことになったか・・の経緯なども
なんだかドライで聞いて勝手に盛り上がっている私としては
いささか物足りない。(笑)
しかも、1週間や2週間でもう駄目かも…などとノタマウ。

なんかつくづく己の年を感じる今日この頃でアール。

今日なんか、
「ねぇねぇ、コクる(告白する)ときって、やっぱ校舎の裏とかに呼んだりする?」
と聞くと

「えーーーー??きもっ
といわれてしまった(自爆)

やはり主流はメールだそうで。

なんか時代やねー
うわさ | コメント(9)

ピー太

2006年07月03日
毎日いろんな話が生徒さんとの間で交わされる。
人生相談であったり、楽しかったことや悩んでいること、
会話のキャッチボールの中で自分自身に振り返って鑑みると
結構自分の中でも克服できていないことだったり
言葉にすることによって、自分自身の深層に気がついたりもする。
たくさんの気付を与えてもらえる。

音楽で表現したいものは何?
そう問いかけておきながら
「私はどうなんだろう?」と自問していた日々もあったが
いまは、そんなことも考えなくなった。

こう表現したくなっただけ。
ここはこうしたいだけ。
理由も動機も位置づけも何もいらない、何も考えない。
ただ必要なのはテクニックだけ。(でもそれはとても重要)
ただあるがままに、ただ感じるままに表現できることが
自分を伝える術。

音楽に限らずだろうね。

今日レッスンでうかがった先の生後1ヶ月?だったか・・のピー太
ふわふわでたまらなく可愛い

P504iS01283.jpg


P504iS01284.jpg

日記 | コメント(2)

クラッシュ~その後~

2006年07月01日
保険会社の方が来て進行状況などの話を聞いた。
当たり前なのかもしれないが
双方まったく意見が違うということで
低額訴訟という方法で訴えを起こすこととなる。
車の修理費用16万ほどの金額に対して起こすので
訴訟費用は5,6千円との事。

元よりお金がほしいとは思っていない…
というといけないのだが
事故後のバス会社の感じが大変悪かったので
あんたが100%悪いっつーいい分をどうしても飲みたくなかった。
痛み分けという方法(バスはなんだったら自分トコで修理しますよ)
にも納得がいかなかった
それだけである。

勝つとか負けるとか…
今までの私の人生にない選択肢でもある。
勝ち組万歳!!そりゃそうなんだけど。

100:0なんてありえないから
ならば痛み分けでもっていこうとするバス会社の対応は
やはり・・・許せない。

っつーことで
裁判所に行ったりもするらしく

人生何事も経験ですね…





ただ今バナナパン焼成中!
いい香りが漂っています♪

日記 | コメント(6)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。