FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

言い訳

2006年08月30日
ま、どういったところですべていいわけなのだが
ここのトコ、まったく自分の時間がない。
ゆえに、ブログ更新等すらできない。

時間がないというのはもちろんいい訳だ。
作ればあるのだろうが、1日が駆け足で過ぎていき・・・瞬く間に
1日が終わるという繰り返しだ。
しかも今はいろんなことを学習している期間でもある。
人間として・・はもちろんのこと、社会人としての基礎的なことや
ちょっとしたスキル。?

日々是、精進なり…だ。

ということで
肝心のヴィヴィアンの感想をアップする段になって
感想を回顧するゆとりもないのでアール。

ということで
言い訳ブログでございました。
スポンサーサイト
日記 | コメント(2)

未来(BlogPet)

2006年08月29日
理由に自分を省みる行為は
やはり今の私には必要だろうと思ったけど
絶対長くなりそうだし、もう遅いので今日は休みます

ンじゃ明日ね♪
とか思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ととろ」が書きました。
日記 | コメント(0)

ちょっと

2006年08月16日
お盆休みの帰省で帰るので、先生に会いに行ってもいいですか?

そんな嬉しい知らせが入った。
いいよいいよ♪何にもできないけど、鳥丼くらいならご馳走するよ
大阪の大学に行ったHちゃんが、懐かしい顔を覗かせてくれた。
「あらま?きれいになって(…おばちゃんみたい)」
一人暮らしの様子や、つき合いはじめた彼氏のこと、ご両親の話、学校の様子、授業で苦労していることへのアドバイスなど
時間は尽きないが、楽しい時間だった。

このころって、丁度大人への過渡期で心がみるみる変化している。
まっすぐと伸びやかな心で、ご両親の思いを体いっぱいに受け
何より本人が太陽の方向を向いている。
気持ちいい限りだ。
とてもしっかりしている。
充実した時間を送って欲しい。

Hちゃん、ありがとね♪
日記 | コメント(3)

広島観光②

2006年08月16日
広島観光第2弾!
今日は3時ごろにワーク場所についておけばいいので
朝から時間は結構ある。
きっと、本通(広島の繁華街)などをうろついても楽しくないだろうから
(だって、京都や東京や名古屋でもワークショップをしてきたあとだもん。)
広島なんて田舎だし(苦笑)。
そう思って、宮島を提案した。
「明日は私もレッスンが始まって、ご一緒できないから是非今日行きましょう」と誘うと
「行こうと思って二人でどうやって行けばいいんだろうと話していた」との事。(笑)
こんなに暑い中、電車の乗り降りだけでなく船にも乗るし、宮島着いたら歩くから
せめて労力を最小限に抑えましょう・・・ということで
ホテルまで車でお迎えに。

今日のヴィヴァンのいでたちは白いレーシーな木綿のブラウスに
白いパンツ。白のアンサンブルでとても清楚で柔らかい。
昨夜はよく眠れたかと問うと、戦争の夢などを見て少し怖かったとのこと。
アレー、やっぱ昨日原爆資料館に行ったからだね…と苦笑。
あんなに細かく展示物を見ていたし、
すごいデータが脳にインプットされてしまったのだろう。お気の毒。

ともあれ、観光地宮島であるが昨日の原爆資料館ほどの人はいなくて
それだけでも気が楽だった。
午前中に上陸したのだが、あいにく鳥居はすこし干潮だったため
景色自体はいまいち。
ま、とりあえず写真には収めた。
昨今、もみじ饅頭も揚げてあるのが流行っているが
やはり私は自分の好きなチーズ入りもみじ饅頭を
小走りに買いに行き、焼きたてのもみじ饅頭を1つずつ食した。

とにかく強い日差しで暑いので、水分補給だけは促して
御年70過ぎのヴィヴィアンの体調だけが心配だった。
が、予想に反して、終始とても元気であられた。

能舞台で有名な厳島神社にも参り、日本古来の祈祷を受けている家族を
見学したり、
鳥居をバックに写真を撮ったり。
厳島神社でお賽銭を投げて拍手を打って、頭を下げる私を見て
ヴィヴィアンはとても変な顔をして、じっと固まっていたが
そのあと、厳島神社から出て、名前を忘れたのだが他の神社に
参ったときには(そこは、音楽の神様がいるという)
そっと手を合わせ、頭をたれていたので少し笑った。

とにかく暑かったし、先の道を行ってもみじ谷公園にいっても
仕方ないので、
そこから別ルートをたどって岐路に着くことにした。
丁度昼時でもあったし、焼いているカキにヴィヴィアンの目が留まったのをみたので
その焼きがきを食べさせてくれるレストランに入った。
うどんは食べないということなので、ざるそば。
私はうどんを頼んだ。
しかしみんな食べ終わってもカキは来ない。
待てど暮らせど。
「今焼きあがったのは、私たちの前に並んでいた人だから
次はきっと来るわね」
そういいながら待っているヴィヴィアンが可愛かった。
結局、前に並んでいた人は6個入りの焼きカキを一人一皿頼んでいたので
それよりさらに時間がかかったのだが(私たちは3人で6個入りのカキ一皿を頼んだ)。

カキを待っていたために思っていたよりも時間がなくなってしまった。
(でも待った甲斐があってヴィヴィアンもかなえさんもとっても美味しいといってくれた。)
車でホテルまで送り、汗を大量にかいたのでシャワーを浴びるとすると
時間が足りない。
「少し行動を短縮だ。」
そういうと、「カキがもっと早く焼ければよかったけど、
待っていたからよかったことも一つあるわよ」とにんまり笑うヴィヴィアン。
??
なんと引き潮が満ち潮になってきていて、海の中に浮かぶ美しい鳥居を
いることができたのだ。
ヴィヴィアンはとても喜んでいた。


夜のワークショップに備えて少し休む時間をあげたかったが
ぎりぎり。だが、最善の行動がとれた。
帰りの車の中ではヴィヴィアンもかなえさんもしばし睡眠。
私は少しでもゆとりをとって欲しかったので、若干急ぎ目に運転に終始。

さぁ、次からは肝心のワークの内容報告でございます。


日記 | コメント(5)

広島観光①

2006年08月15日
明日のワークショップに向けて、ヴィヴィアンと
通訳兼フルーティスト&シンガーでもあるかなえさんが広島入りされる.
午前の早い時間に色々な段取りを済ませ
今日は何が起きてもいいように、どうとでも対応できるよう手筈を整える.

ヴィヴィアンとは2年ぶり。かなえさんともそうだ。
ワークショップ自体の参加者数は希望人員には達しなかったが
個性的な顔ぶれなので、きっと楽しいものになりそうな予感・・である.

12時少し前に改札口にて出迎え.
2年ぶりのヴィヴィアンだが、ちっとも変わっていない.
むしろ柔らかさと、気品がより漂っているようだ.
とても嬉しくて、私には珍しくプチ興奮気味だったが
結局「アイム、グラッド シーユー アゲイン」くらいしか発声できず.
後はあきらめて、かなえさんに日本語で託したが
英語では日本的な言葉がないらしく
「シーセッド サンキューベリーマッチ アンド ウエルカム トゥー ヒロシマ」
・・・と
私にでもわかる言葉での通訳に思いっきり笑ってしまった.

広島入りが12時だったので、とりあえずランチでも食べるかと
駅ビルのお好み焼きを提案した.
一度くらいなら食べてみてもいいかも
というヴィヴィアンの言葉を聞き、駅ビルの2階のお好み焼きやゾーンへと
案内する.
が、
が、
時間は12時.
ものすごい人でごった返している.
ありゃま、丁度多い時間やね

ということで、並んで時間をかけてまでは…と思い作戦変更.
まずホテルへ向かうことにした.
チェックイン時刻は未確認だが、無理なら荷物くらい預かってくれよう。
とにもかくにも荷物があるとどこへもいけないからね.

広島の繁華街のど真ん中にある鯉城会館というホテルへ。
結構リーズナブルなのだ.
電車で行こうかと思ったが、暑さと荷物を持ってごそごそするのは忍びなかったので
タクシーに乗る.そのまま荷物を預けた.

その後、ランチでお好み焼きを食べに行くことに.
めぼしをつけていたすぐ近くのファッションモール(?)
地下にはヴィヴィアンの大好きなスーパーも入っている.
案内するととてもとても喜んでくれた.笑
広島名物のお好み焼きもこれはどうやって作るのかなどと
興味津々の様子.
どうやら少し肉付きを気にされているらしく
ヘルシーに・・とある意味切羽詰って考えておられるようだった.
小麦粉の類は一切口にされなかった.
外人なのにパンではなくおにぎりをいつも食べているのだから
不思議だったわ 笑

お好み焼きを堪能した後、広島の観光名所 平和記念公園へ。
歩いて10分ほどだからいい運動にもなる.
慰霊碑や折鶴の塔の簡単な話をした後、原爆資料館へ.

ヴィヴィアンもかなえさんも何度も来ているであろう私のことを
気遣ってくれたのだが、まぁそれ程すっごい観光客でごった返していた.
ヴィヴィアンは特に、幼少の頃イギリスで広島と長崎に原爆が落ちたという
ニュースを聞いてひどくショックを受けたことが頭に残っているようで
とにかく熱心にすべての展示物に黒山の人だかりができていたのだが
その人々をかき分け、食い入るようにあらゆるものに目を通しているようだった.
そこで2時間以上を過ごし、やっと出口が見えたとき
とりあえず声を掛けた.原爆ドームに行く?アソコだけど。
暑いから行かないという言葉を期待していたが「ぜひ!」との答えだ.
私は冷や汗をかいた.

たどり着いた原爆ドームでは平和の詩の朗読やらなにやら
イベントがおこなわれていたのだが
すっごいすっごい暑い中、ヴィヴァンは興味深いわ。
ちょっとみてみるとしましょうか
ってな勢いで石の上に座ってしまった.

暑いからとか、汗をかくのでとか…わたしが言えるはずもなく
私もその横にちょこっと座り、んぼーーーっと
時が過ぎるのを待っていた.(笑)
途中、右翼らしき人が怒鳴り込んだりする場面等があり
ヴィヴィアンは相当楽しんでいた.

そんな時間を経た後、ホテルに送り届けた.

今日されたヴィヴィアンから質問は、答えに窮するものばかりだった.

参考までに
「ヒロシマは原爆から何を学んだのか?」
「広島が復興するまでの今までの時間についてどう思うか?」
そんな問だった.

考えたこともなかった.(汗)
日記 | コメント(4)

なんだか(BlogPet)

2006年08月14日
ネットで自暴自棄をPCしないらしい

復旧作業に手間取り
ようやく仮接続となること
ととろは終わりたくなかったよ♪
大きい厄介と笑


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ととろ」が書きました。
日記 | コメント(0)

リフォーム

2006年08月14日
お盆のこのくそ忙しい?暑い時期に?我が家はリフォーム決行である.
ミッションは1階リビングの床がこげ茶で暗いので、白めの床にすること.
今まで視界をさえぎっていた暗い色のカーテンレースも真っ白に取り替え。
みゅうが爪を研いだりしてかなりへたっていた、テレビの部屋部分の絨毯も
張替え.
家具の移動やらなにやら.
私が手伝えることは知れているが、とにかく雑巾を持ち、いつでもどこでも
ささっと拭けるように、待機状態.
掃除機もささっと手際よく?あらゆる部分がついでにきれいになった.
いつも、掃除しているつもりでも実は全然行き届いてないものだよね(苦笑)

とにかく重いものを沢山運んだので
明日の筋肉痛が心配だが、とにもかくにも急いでもらったので
本日中にミッション完了.

明日はヴィヴィアンがワークショップのため前日入りされるので
今日のミッションが完了できたことは感動に値するほどの時間配分だった.

それにしても毎日暑すぎる.

日記 | コメント(0)

今日は

2006年08月13日
世の中はお盆なので、妹のだんなさんもこちらに帰ってきてくれたので
みんなでお墓参りに赴く.

今まで知らなかったお墓のきちんとした、参り方.
お供えするお菓子や果物はちゃんと生きている人が食べるように
ビニールをあけたり、封を切ってあげたりすべきだと.
仏様は香りをかぎに来られるのだと。
生きている人の身体を洗うようにお墓自体も柔らかいスポンジなどで
こすってあげると気持ちがいいらしい.
お酒やお茶も封を切って、ちゃんと少しお墓の周りにかけるとか
おいてあげることで、一緒に飲んでいただけるんだって。

炊くお線香も、できれば香りの高いものが好まれるし
白檀だとなおよし.
個人が生前好きだったものを供えるのも本当に大切.

仏様は親族がお参りに来てくれるのを
あぐらをかいて待っているのだというから
これからは絶対伺わねばならない故人との出会いの場だ.
もちろん目には見えないのだが.笑

そして尊いお墓参りで仏様たちと会った後は
家に入る前に肩や首のあたりを重点的に塩をまく。
家に入ったら、何よりもまずシャワーかお風呂.
着ていた服も洗濯する.
本当は滝にうたれるのが一番らしいが
常にはどこにもないので(笑)、シャワーなどで代用.

当たり前のようでいて知らないちょっとした常識.
そんなきちんとした知識を知ることができたことに感謝.
困ったときの神頼みではなく
常に先祖様の存在に感謝しながら生きるということは
とにもかくにも大切なことです.

頭では知っていたけれど、もっともっと実践です.
今、私はこの世に産まれることができたのも
ご先祖様あってのモノだものね。
幸せなときも、困ったときも…いや幸せだと感じるときだからこそ
感謝の気持ちというのは大切なことだ.



flower8.jpg

日記 | コメント(3)

過去ログ

2006年08月10日
過去ログゆえ、思い出しながら書き連ねているので
多少の誤差はお許しを…

とにかく、忙しく?それが肉体的なものなのか精神的なものなのか
色々な強迫観念によるものからきていることだけはわかっているのだが
食事もろくに喉を通らず、夜中まで色んなことをして力尽き就寝。
朝、よろよろと起き上がり、またエトセトラ.

自分が生きているのか死んでいるのか
何を考えて動いているのか、機械的に動いていたりもした。
結果的に、すべてにおいてメタメタに弱っていた.
この頃の私.

でも、絶対大丈夫!
強く胸に響くこの言葉を信じる以外、そのときのふわふわ感を埋める術はなかった.
ぼやき | コメント(0)

にぎやかに

2006年08月08日
妹が埼玉から帰省してきている。
4歳のいろはと2歳のかずきを連れて。

普段大人な生活をしているが(?)
一変してにぎやかな生活になる。
日中の暑さに加えて、色々せねばならないことも多々あり
仕事もあるし、
何がなんだかわからない日々を過ごす。
それにしても子どもとの生活は、無条件にパワーがいる。
大人の都合は聞いてもらえない。

そんなことを考えていると
大人ってつまらない生き物になるってことなんだと感じる。
遊びたい!
おなかが空いた眠たい!
悲しい!
嫌だ!
楽しい!
そんな単純でシンプルなことをたっくさん我慢しているうちに
それらを素直に表現することをしなくなる。
そして感情を表現しないことが当たり前になり
表現している人を見ると白い目で見たり、変人扱いしたり…。

どっちが変人なんだか。(苦笑)

感情を表現することがこどもっぽいっていうことではなく
個性だととってもらえるようにすることが大事な気がする。


nirinsou.jpg

日記 | コメント(0)

コンクール

2006年08月07日
先日もコンクール間近の学校にレッスンに赴く。
さすがに本番まで秒読みとあって
必死さが伝わってくる。

講師としては・・・他の学校などと比べてはならないのだが
それぞれの学校に個性があり
パート独特の雰囲気や風や空気感というのは
本当に千差万別なのだ。
レベルもまったく違うし、それってやはり
顧問の先生の進め方というのがとても大きい。
今更ながら(本番まで時間がないので)こんなトコつついてもナー
とか思いながら、小さなことを積み重ねていく。
そういうところはこんな練習をすればいいよ
そこはこんな指を使って
ここから大きくして、とか
ここでいったん弱くして…

・・とかヒントというか具体的な指示を出していく。
生徒たちはやる気満々なのだが
いかんせん時間がない。
もっと早くここを練習しておけばよかったのに~
とか思っても決して口にはださない。

一応課題として残して学校を後にする。

さぁ!私の教え子たちは今日明日が本番だ。
終わった学校もあるが
とにかくやったことがきちんと形になるといいね
聞きに行くことはできないけれど
応援しつつ…遠くから祈っています
自分たちの音楽が表現できることを!
日記 | コメント(3)

アレクサンダー講座のお知らせ(BlogPet)

2006年08月05日
面白く
内面など出会い
京都以西では,室内楽奏者として活躍してきました。来日は今回5度目です。

 とき、踊りを動作しなかったの?
と、ゆめなは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ととろ」が書きました。
日記 | コメント(0)

アレクサンダー講座のお知らせ

2006年08月04日
京都以西では初です!
アレクサンダー初体験の方にもお奨めです!

アレクサンダーテクニーク広島特別講座
     ~ビビアン・マッキーを招いて~

演奏をするとき、踊りを踊るとき、歌を歌うとき、
人の前に出たとき、・・・さまざまな状況で
身体の緊張を感じることはありませんか?
アレクサンダーテクニークはその問題に
内面から近づき、いろんな不必要な動作を消去し
スムースな体の動きを、そして心の動きを作ることを手助けします。

ヴィヴィアンは音楽家を中心にワークをしていますが
音楽家には限りません
多くのエネルギーと気付きを与えてくれるでしょう

<ヴィヴィアン・マッキーのプロフィール>
ヴィヴィアン・マッキー Vivien Mackie はロンドンの王立音楽院で学んだのち,
奨学金を得てフランスでパブロ・カサルスの個人レッスンを3年間にわたって受けました。
チェロのソリスト, 教師, 室内楽奏者として活躍しているうちに, F.M.アレクサンダーの教えに出会い,
その原理とカサルスの教えとの共通点に感銘をうけ,
アレクサンダー教師になるために1970-73年にトレーニングを受けました。
以後30年以上にわたってアレクサンダー・テクニークを教え, 教師を養成し,
音楽家を訓練してきました。 来日は今回5度目です。
彼女のワークショップでは, 元気に面白く遊んでいるうちに, できないことも, できてしまいます。
音楽家のかたは演奏の用意をしておいでください。
歌や演奏でなくても, 人前でのお話とか朗読も歓迎です。

 とき:2006年8月16(水)17日(木)
<グループワーク>
 時間:PM18:00-PM21:00
         詳細はお申し込み時に
 ところ:アステールプラザ
〒730-0812 広島市中区加古町4-17
           tel:082-244-8000
 受講料:2日間受講20000円
 なお原則的に2日間受講できる方のみ
 対象とさせていただきます。ご了承ください。

<個人ワーク>
 とき:2006年8月16日・17日
        PM12:00-PM17:00(1人/30分)
 ところ:アステールプラザ
 受講料:通訳付10000円
       通訳なし8000円
          詳細はお申し込み時に
詳しくはhttp://www.yumenamusic.comへ 
まずはお問い合わせください!
お知らせ | コメント(0)

なんだか

2006年08月04日
前日の一瞬の停電でやはりPCが起きないので
(PCがルーターを認識しないらしい)
復旧作業に手間取り
ようやく仮接続となる。
誰に?どこに聞くの?等…
ぼやきたくなること仕切りだった。

PCって便利だけど
うまくいかなくなると厄介だよね
むかついてキーにあたったり・・・自暴自棄 笑

夏も本番だ。
暑い毎日。

おいしいものをいっぱい食べてこの夏を乗り切ろう!
とりあえずぼやいたままでは終わりたくなかったので
ぼやき | コメント(2)

アンラッキー

2006年08月02日
今日も一日とても暑かったのだが
夜7時過ぎから9時ごろにかけて雷の後…ではなく
同時にどしゃぶりの雨だった.

私は広島市から車で約1時間の音楽教室で仕事をしていて
その後、マイ教室でレッスンの予約が入っていた.
その郊外の教室では土砂降りの雨だったが
中心地に近づくにつれ、雨の形跡などまったくなくなり
地域独特のものかと思っていたが
どうやらその雨と一緒に南へ移動していたらしい.

マイ教室に着いて少しした途端
びっくりするような雨音と雷鳴が響いてきた。
すごかった。
停電するかと思ったくらい.

駐車場に向かう途中、広島の市電が落雷のため
停留所を限定して運行していると伝えるアナウンスがはいっていた.
やっぱどこかに落ちたんだろうね


そして、帰路に着いたのだが
かえってびっくり。
どうやら我が家もプチ?停電になったらしい.

PCがネット接続できなくなっていた.
1階の.
ルーターを認識しないという致命的な欠陥.

どうしよーーー
ぼやき | コメント(2)

とりあえず

2006年08月01日
合宿終了。
2日間続けて、夜は帰るとはいえ
プライベートがほとんどないという状況と
他のことができないという状況は結構シビアでした。

そういうときに限って
いろんな連絡がたくさん入り、対応に追われる。
いくつも落ち度があり反省すること仕切りだ。

生徒たちは今日で劇的に変化した。
顧問の先生の表情も手ごたえ十分という感じで
そして何より生徒たちの表情に表れている。
音楽にいろがついてきたのと
それらをやり遂げたという団結感や、
信頼関係や、結果は音楽だけでないいろんなものに広がる。
これこそ相乗効果というのか。

子犬のようにまとわりついてくる生徒たちが可愛くて仕方なかった。
IMG_2467.jpg

日記 | コメント(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。