FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

なんと?!

2010年07月31日
初めて絵のモデルなるものをしました☆
model.jpg

描かれていく様です。。。


それになぜか。。。恥ずかしながら
ミネソタ州の新聞に載りました
記事はコチラ↓
megs news

それ関連でちょっとだけテレビに出たので
猫たちもワタシを見ています。
meg with cats

え?

何のニュースだって?
何をしたかって?


すみません

暇やったので
自画像露出は恥ずかしながら(笑)
遊んでいました。

気軽に遊べます。
外人のナイスガイと結婚したり
スーパーモデル気分で雑誌の表紙も飾れます
ぜひトライしてみてください(笑)→ココ


あっ!
ついでに
大好きなブラピが私の写真にたくさんサインをしてくれました♥(妄想)
meg with brapi


スポンサーサイト
日記 | コメント(2)

登場!

2010年07月30日

昨年の夏にも里子にあずかった姪っ子「いろは」
本日。。。登場でございます。

しかし、1年でこんなに成長するんやな。。。と、驚くことばかり也。
レッスンしていた子達が日に日に成長するのは感じるけれど
こう身近な血の繋がった血縁者の成長というのは事の他
感慨深きものなり。^^

親の前で見せる姿と
明らかに違う私の前での姿に、色々なことを考えさせられました。
子どものクセに大人の言動や顔色をうかがうそぶりや
どう考えてもその場を取繕おうと考えているかのようなテンションの高さとか
おちゃらけてみたり。。とか

こんなにも間近で子どもの言動を観察したのはそうないかも。。。
夏休みの宿題のレポートがかけそうです(笑)

ともあれ、親が子どもを観察するように
子どもだって親を観察しているんだろうなぁと思うし、
親の何百倍もピュアな目で見ていることは間違いなしですな。


ともかく
いろはの「西川家にスティしての目標」は
リコーダーを巧く吹けるようになること、
(できればフルートも吹いてみたい)
音符が読めるようになりたい、
ちょっとピアノも弾きたい、
だ、そうな。
「目標にするのなら、頑張らなぁいかんけどできる?」と聞くと
「ぐっちゃん(私の愛称)。。。もしかしてこわい??」とのたまう。
「どうかな」と答えると
「ママが、ぐっちゃんは厳しいって言ってた。。。でも。。やりたい」
「頑張るつもりならえーよ。ぐっちゃんはやるっていったのにやらない子は嫌いってだけだから」
「。。。うん。。。やる」

みたいな会話。

子どもとの対話ってこんなことの積み重ねか?
・・・だとすると
ほんとに怖いよね
うそはつけない。
きちんと向き合わなきゃ、子どもの人格に失礼だ。

子どものいない夫婦は欠陥家族的なモノの書に動揺したり
何とか授かることはできないかと東奔西走したり
結婚したら子どもはできるという方程式から外れることの違和感や
差別視を避けてきたけれど
この歳になって思うことは
誰の思惑でもなく、誰のせいでもなく、・・・ただそういうこと。
授からない意味や、理由や、はたまた前世や、カルマや
そんなことを知ることに何の意味があるのだろうということだった。

ただそれらを探ったからの結果だとも思う。

子どもがいない。
なら夫婦で子どもがいる以上の人生を歩めるように努力すればいいだけのこと。
いや、そんなに気負う必要もなく
二人でラクに歩めるスタンスを見つければいいだけのこと。


それを結論付けるだけに
何年も掛かったような気がする。
誰の人生?
私の人生。私たちの人生。

答えはただそれだけのこと。

にぎやかになった
私たちの食卓。。。
また報告します♪

昨日作成
夏のブリザーブド・フラワー
さわやかで、イー感じ♥
IMGP3083.jpg



日記 | コメント(0)

色々雑記。。

2010年07月29日
今日は夫の帰りが遅いので。。。先にブログ。

しかーーーし!
今日、ちょっとしたことで血液検査をすることになり
昨夜は禁酒&検査時間まで何も口に入れてはならない。。。はめになり
その
解放された後の
ちょっとしたひずみが
。。。今出てる(笑)

既に
いい感じです(笑)「21時前にして」

それにしても
今日の血液検査
いままで、物すご健康で、大病を患ったこともなく
ありがたい限りの人生でしたが
・・・びっくりでした。
血圧を測定したのですが
検査院の人がエラーだと思いやり直しをするくらい…低い。

上が95、下が56

3度測ってこの数字前後でした。

「ありゃー低いですよね。ひくすぎっ!!」というと
「・・・ホントそうですねぇ。。。」

格別、低血圧は高血圧に比べると命に関わる危険性が低いので
認知されにくいそうですが
道理でボーっっとしてるわとか
朝、無理に加速しないとしんどいのはその所為か。とか
思い当たることは多々ありますわ^^

ま、それはそれで
元気を出すためにも(元気だっちゅーの)
今夜はうなぎを大ふんぱーつっ!!
ハハ。。土曜丑の日を逃がしちゃったしってことで。

【 安いうなぎのおいしい食べ方 】を参考に。
この食べ方は我が家も定番です。
DSC30000.jpg
(画像は頂き物です)(クリックして大きな画像にしちゃうと危険です



    *:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:


最近は夫のblogチェックがないので
自由に書きますが^^;

心がけている言い回しがあります。

すんごいしんどくて、何もしたくないときでも

ずぇんぜん、やる気の出ない時でも

「さぁー今日も美味しいご飯を作るとするか!」
とか
「みゅうちゃんが粗相をしてくれたおかげで、ついでに家中きれいにしよーーー」
とか
声に出すと
とても喜ぶのです。

実際自分も声に出すことで奮い立たせている作用もあるけれど
思っている以上に
心の中の声はわからないんですよね

多分。

おもんばかるとか
無神経とか
気遣ってくれないとか
理解しようとしない

とかでなく
ただ単純に【 わからない 】ことって
たくさんあるのだろうと。。。思います。

IMGP1077.jpg


さぁて
明日から姪っ子の「いろは(小3)」が我が家にやってきます♪
子どものいない我が家には・・・擬似家族体験デス(笑)

また報告します★

それにしても
今日は雨とはいえ
涼しく
心地いい日になり、久しぶりに冷房もお休み。
こんな日が続けばいいのにね


日記 | コメント(2)

すべり止め

2010年07月28日
笛を吹いていると、汗やら唾やら、脂やら?なんか
よくわからないけど
すべってずれてアンブッシャーがずれてしまいやすくなる。

某有名楽器店などでは
「フルートのリップすべり止めシール」が売られている。
すごく変な形をしている^^
が、これは高いばっかりで
紙質が分厚くて?よくわからないがちょっとしたニュアンスの変化に対応できない。
無意識だが、唇の形というのは低音、高音、そしてタンギングや、スラー
その時々に応じて微妙に変化しているみたいなのである程度しっかり滑り止めをしないと
ワタシ個人は…とても吹きにくい。
だからリップのすべり止めは必須アイテムだ。

その滑り止めも、色々研究しているが
人によっても様々だ。
切手シートの余白の部分とか、好きなシールを(大き目)とか、
外国の切手を貼っている子もいたナー、
あ、私は2円切手を貼っていたこともあった。(1円でも10円でもなく
何故か2円じゃないとしっくり来なかった)

人によって様々。
リトルマーメイドのシールでなきゃって人もいた。笑

シールだと、はがす時にべたべたぬるぬるになるから
私はあまり好きではない。
だから切手系が多いのだが
いま、好感触なのが「アフタヌーンティ」のシール。
そう!あの雑貨ショップの包装シールだ。

こんな風に↓↓



人によっては滑り止めシールなんてなくても全然平気人だってたくさんいる。
そんな変なもん貼らなくても、
彫刻を入れれば大丈夫!って人も。。
(サンキョウさんから画像をいただいてきました。。。ピカピカのフルートや。。。

ただし、彫刻は注文時に特注とか最初から入っているやつを購入とかでない限り
後から入れてもらうと。。。かなり違うのよ。金額が。

今さらムリっす。私のばやい。
シールで我慢我慢!!^^;
lip350.jpg

アフタヌーンティのシール。。。お店で頼んだらもらえるのかしら?
何か購入した時に、かわいくたずねてみよっと。。。(爆)
日記 | コメント(0)

どうでもいい話。

2010年07月27日
このブログをお読みいただいているほとんどの方が
実物の私をご存知だから
敢えて記事にしています。^^

今日、美容院に行きました。
これまでの人生の中で多分一番髪が長い。
午前中は我慢ならない肩・首凝りでマッサージに行ってきたので
すっかりほぐれ気分もいい感じ。

頭は(デザインは)お任せで。笑
ただ、段が重いのでかるくしてー!
すっかり担当のアーヤともいい感じにうちとけているので
いえるようになった言葉。

イメージがまとまり
その通りカットしてもらい
「あれ?なんか感じが変わったかも」
とつぶやくと
「ほんとー!!雰囲気がやわらかくなりましたよ」
「前髪だけでこんなにかわるんや

余談だが、先月くらいから出かけるたびに声をかけられたり
道を尋ねられたり、勧誘されたり…するようになったんだな
これがまた頻繁に。
しかも、キャッチの言葉が「おねえさん!」だってーーーひゃは

ま、それは100歩譲って営業トークだとしても
何かしら私のまとっているオーラなぞ変化したのかしら

とあほなことをのたまい
「なんか自分で言うのも恥ずかしいけど。。。ちょっと若くなったかも?」
というと
アーヤが一言。
「西川さん、おいくつでしたっけ?」
「へ?」と思いつつも実年齢をつぶやくと
アーヤ。。。絶句。
しばしの沈黙の後「…すみません。ほとんどタメ口で。」
「ちょいちょい!!どういう意味??」と笑いながらいうと
「いやー。。。自分と同い年かチョイ上だと。。。」
「ギャー何よーそれ??アーヤはいくつだった?」
「29に来月なります」。。。

しばし沈黙後
爆笑

ひゃは
私、30って言っても大丈夫?犯罪にならない?


と、、、、、

どうでもいい話でした。


あーそれにしても暑い日々ですね
たまにはぞっとする話もいいモンです(爆)

IMGP1072.jpg
ある日の心霊写真です。
日記 | コメント(4)

黄昏

2010年07月26日
過去ログ

夕刻、みなとみらいを歩く。
一仕事終えた。
うだるような暑さがほんの少し和らぎ、風がそよいでいる。

そこで目に入る横浜の景色
img20040820181301.jpg
(あいにくデジカメを持ち合わせていなかったので借景)

美しいなぁと。。。しばし見ゆる。

自然の美しさではなくて人工の作られた風景ではあるけれど。

すると
どこからか歌声が聞こえてくる。

夏だし、イベント盛りだくさん。
来る前にも会場準備している人々を多く目にしたっけ。

どんな人が歌ってるんだろ?

帰り道でもあるのでそよそよと歩く。
いい風が心地よく吹いている。
しかも夕暮れ時。

聞こえてきたのは
「ラヴィン・ユー」
あっ。。。いい感じ。
切なさと愛らしさが同居している声だ。

次の曲。
邦題「青春の輝き」カーペンターズの「I need to be in love」

これがまた素敵にヨカッタ。
歌っている人が知りたかったが遠目ではよく見えない。
誰なんだ?(結局よくわからなかった。その後調べたのだけど、それでも・・・)
近くで聞いていた女性二人連れに「この方は有名な人なんですか?」と
たずねると(質問も質問だが)
「…そんなに有名でもないです」という中途半端な会話しかできなかった^^;

黄昏の景色に、心地よくなびく海風。
そのシチュエーションに加えて、素敵な歌声。
いいなぁ。。。
この雰囲気。。。好きだなぁ。。。

夫と共有したいと思った瞬間
電話が鳴る。笑

ホンマに笑った。
「帰るコール」だったのだ。

「…いまさぁ。。。みなとみらいでライブ聞いているンよ。…」
夫はすぐ傍にいないけれど
瞬間、とてもロマンチックな気分(笑)


アノ人(夫のこと)こーいうトコあるんだよね^^







日記 | コメント(0)

安否確認・・・

2010年07月25日
安否だけでも伝えておこうと、、、麻痺した脳に刺激を与えつつ。。。更新!

げんきですが
いささかバッテリー切れです。
たくさんの人に出会い。人を見させてもらい、いろんな事を感じました♪
大変興味深かったです。
自分と同じボリュームで生きている人というのは
必ずしもいるのかいないのかわからないくらい…少ないということ。
こんなにいろんな人がいる社会の中で
分かり合える人のなんと少ないことか。。。

分かり合うというのは
きっとお互いに努力し合うことをも意味するのだと思います。
たくさんの出会いの中で、何と何をどういう基準で有りだと捉えのかということ。
楽しみながら色々考えていきたいと思います。

ま、たちまちは
激務から開放された脱力で
酒が進んでいます(笑)

明日は素面なブログを・・・^^;

flower16.jpg
日記 | コメント(0)

反省・・・?

2010年07月24日
昨夜は飲みすぎでした(笑)
ブログを書いた後も…調子よく飲み
ついでに4月にみた松たか子の舞台をテレビで放映していたので
見ながら。。。

朝の起きぬけの酒臭いこと・・・
朝っぱらから、ついでにいえば、汗でさえアルコール臭がしそうな勢い
あかん。。。終わってる。。。

今夜はお酒やめとこって思ったくせに^^;

炎天下の外出は最悪ですね
普段毛穴が閉じているワタシですら
汗びっしょりかきます。
電車でせっかく隣が空いている席に座れたのに
隣に人来るなーーーって自己中にも思います。
それくらい人って温度が高い。いや暑いのか?

さんざん汗を放出して、昼間はほとんど水分を欲しないワタシが
自動販売機でペットボトルを購入するくらい暑いわけですよ

さぁ
明日もたくさんの人と出会います。楽しみ♪
この人!ってな友達できたらいいな
およそ2800分の1か2の確率です(笑)
自分自身をも客観的に見ることができます。あー楽しみ。

ものすごい婉曲な表現でごめんなさい。
色んな自分を探し中なのでいろんな事にチャレンジしています。笑

明日は5時起き!頑張ります♪
DX06440.jpg

日記 | コメント(0)

週末なので。。

2010年07月23日
今宵も酔っ払いブログです。。。すみません



ずぇんぜん…週末に関わらず平日も飲んでいますが
「週末はOK!」という旗が目の前に勝手に掛かっていて(妄想)
明日も明後日は一日中という強行軍にも拘らず
たりたりら~ん♪と…本日足りないお酒を補充しましたので(笑)
楽しく飲んでおります。
今宵はオーガニックワイン(赤)

毎日暑すぎて、何も食べたくないという虚無感に
敢えて…私のばやい…大好きなお酒+何をあわせて食べたいか?と
問うことで本日のメニューが決まります。笑 めんどくさっ

基本食欲とは無縁の生活をしているので
スターヴィング(starving)・・・になかなかなれないのです。

 *:.。☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆。.:*


今日はゆとりのある一日でした。

しかーし!

朝方4時にエアコンをオフタイマーにしていたのですが
切れたと同時に。。。暑すぎて眠れなくなりました。

暑いし、いびきがうるさいし(これは嫁いで15年。。仕方ない)
もうどうしようもないので起きて、
色々考えた結果、空気の入れ替えをして(入れ替わっているのか?)、
掃除をして(掃除機は掛けられないので拭き掃除のみ)ゴミをまとめて、
台所をささっと片して、みゅうのトイレ掃除をして。。。
エアコンをぽちっと♪

洗濯機はさすがに7時にオン!

もう家事が終わりました。

だんなさんを見送り、自分の身の回りを整えた後
…寝てました(笑)

でも当分このサイクル続きそう。。。

暑すぎる

あさ7時の段階で(おっと、洗濯物を干すのは8時になる)が
すべてが終わっちゃうと。。。何もすることがなくなる→暇→落ち着いちゃう→寝る?

あーこわい

こわかないけど。。。



ちょっとだけ
申し訳ない気分に苛まれるワタシでした。



自分を戒めることで(練習という)バランスをとっているつもり  
とれてねー。。










日記 | コメント(0)

座標軸

2010年07月22日
先日読み終えた本の話です。

すべては音楽から生まれる (PHP新書)

内容は茂木さんが音楽を聞いて感じたことや、文献をなぞり、
独自の音楽論を開いているといった感じでしょうか。
やっぱり
頭のいい人は自分の知的好奇心を満たすものを探求することにすら
情熱を覚える・・・というか、とにかく幅広いたくさんの引き出しをお持ちのようですね
すごいなぁとおもいます。

ともあれ、ぱっかーーーーんと脳が開いたように感じた文章がこれでした。
(以下、私の中で巧く推敲できなかったので…ちょびっとはしょっていますが長文です)

【人間は生きていく上で様々な事態に出逢う。

どんな人であろうと、この世で生きることの辛苦から逃れることはできないのだ。

だが、絶対的な座標軸(例えば「喜びや美の基準」といったものさし)が自分の中にあれば
日々の難事や苦しみは、ずいぶんとやわらぐものである。

これは、あくまでも自分のものさしだ!という点に強みがある。

浮世の表面的なこととは関係がない。自己の体験から生まれた独自の軸なので、
揺らぐことなく自分を表面から支えてくれる。

絶対的な座標軸の存在が、その人にとって、生きるということの決め手になるのだと思う。

自分の理想とは程遠い現状に憤慨や焦燥、諦念を覚えることもあるだろうが、
座標軸があれば、周りがどう思おうと関係ない、という潔い強さを持てる。

「周りがどうあろうと、自分の中から光を発し続ければいいのだ」という域に
達することができるのだ。その光源たり得るものとして、音楽はある。

「美しい」「うれしい」「楽しい」「悲しい」・・・・。

一瞬一瞬に生身の身体で感動することによって、人は、自己の価値基準を生み出し、
現実を現実として自分のものにできるのである。それが「生きる」ということである。

だからこそ、本当の感動を知っている人は、強い。

生きていく上で、迷わない。揺るがない。折れない。くじけない。

音楽は、そんな座標軸になり得る。

音楽の最上のものを知っているということは、
他のなにものにも代えがたい強い基盤を自分に与えてくれるのだ。】


これは勿論音楽に限ったことではありません。
私の中で音楽が身近な存在なだけで。

ここでも軸かぁ。。。と思ったんです。ワタシ。

自分がこれまでの人生の中で真摯に追い求めてきたから余計
妥協が許されないこと、絶対に譲れないこと、

その線引きができていることが如何に大切なことなのか
最近それがよくわかってきました。笑

妙に聞こえるかもしれませんが
私はつい2,3年前まで自分には軸がないと思っていたんです。
しなやかでさえあればいいと思っていたんです。

もうしばらく自分自身の旅は続きますが
おぼろげな指標も見えてきました。
動かなきゃやっぱり見えてきませんね。

勇気に好奇心に、あとなんだろ。。。つまづいてもまた歩く根性^^;かな。
今ではつまづいたことさえ、忘れてますよ(爆)

もっともっと生きていることを楽しみたいと年々強く思うのはやっぱ年齢のせい?(笑)
20050729091508.jpg

変な顔…



日記 | コメント(0)

顔を洗う。。。

2010年07月21日
朝起きて。。。ふと鏡を見る。

前にテレビで女性芸人たちがお互いのスッピン顔のことを
「茶箪笥だ」とか「ぬれ雑巾だ」とか揶揄しあっていたのだが
…笑えないよな と思う。^^;

なんか年とともにお肌がくすんできているし
ぽつぽつと見たくなくても目に入るしみも。。。
あーーーいやだいやだ(ーー;)

さすると・・・耳に入ってきたのが
この方の声。
元男子の、今は超美しい美容研究家の岡江美希さん
美容指南。注:ブログも結構笑えます

ちょっと調べたのだが
残念ながら発見できず。

でも実践して効果有りやったので
…報告です(笑)

洗顔皆さんどうされていますか?
ワタシはちょっといいクレンジングオイルを見つけたので
当分それに凝っていたのですが
岡江さん曰く
普通のEXオリーブオイル(値段は関係ないから安くて可)をクレンジングオイルに使用。
やさしく塗り塗りして、洗顔前にティシュで軽くふき取る。
その後、普通の洗顔クリームをしっかりあわ立てて!!
洗顔する。


それをするようになって
どれくらい経つんだろう。。。
岡江さんも「だまされたと思ってやってみて!」って言われてたんやけど(笑)
お肌のかさかさはなくなるし
なによりスッピン顔をみても茶箪笥やらぬれ雑巾やらあまり連想しなくなりました(苦)
くすみが少しなくなった気がするし。

確かに
高価な化粧品は香りも素敵、肌触りもいい気持ちになってしまうし(心理効果)
肌にも抜群にいいと思ってしまいがちだが
栄養補助食品と同じで
同じモノをずーっと使わなければ効果はないわけで
というか、即効果があるものはなにか使っている。。。という疑惑の目を持つ必要はあるかも。

化粧品のことを色々勉強したことがあるので
怖いのですよ
日々のことだけど。

ということで
参考になるんだかならないんだかわかりまへんが
一応…ワタシはスッピン顔が桐のタンスくらいにはなったかな(爆)(告白)

DX06438.jpg



日記 | コメント(0)

幸せ論。

2010年07月20日
スワミ・サッチダナンダ師の残された言葉。
調べたらとても有名な方でした(反省)


【人は何かを”行う”ことによって幸せにはなれない。
いわゆる霊性の修行や祈り、”神の探求”をも含めて、
何かを達成して幸せになることはできない。
神ですらも、ひとに幸福を与えることはできない。たとえそれができたとしても
神はそれを奪いもするだろう。何であれ、来るものは去っていくのだ。
幸福は外に求めるものではない。それは、外から来ることはできないし、
内から来るものでもない。それは決して”来る”ものではない。
それはただ”在る”のだから。それは常に在る。どこにあるのか。どこにでもだ。
そこにはただ幸福があるだけだ・・・
 人が自分の事を幸福だと思えないのは、それを忘れているからに過ぎない。
目標は、自らの本性を悟ることだ。自らの平安、自らの幸福、自らの神性を知ることだ。
そうでなければ、ひとは決して幸せであることはできない。幸福になったと思っても、
すぐにまた不幸になるだろう。
自分が幸せだという事実を知らなければ、誰も本当に幸せになることはできない。
それが”神”のありようなのだから。】

ココのトコ
ヨガをならいたいと思っていて
色々調べているのですが
どうやらこのスワミ・サッチダナンダ師はその有名な師のようで。

なんだか
色々繋がっているんだなぁ・・・と感じる今日この頃です。


ちなみに
手っ取り早くヨガをやってみたかったので
WIIのだけじゃ物足りないし
DVDを購入してみた。。。
ヨガ・ベーシックス~初級編~ [DVD]
ヨガ・ベーシックス ~ストレス解消編~ [DVD]

この2本。
よくわからないのに^^;
たくさんヨガの教室がありすぎるのでよくわからなくなったっていうのも・・・。

ともあれ
DVDに沿ってやってみたのだが
。。。
はやくてついていけない。あんなに体がヤワラかくない
体がぼきぼきいってる、・・・次の日筋肉痛だ。。。^^;

ちょっと頑張ってみます(笑)



日記 | コメント(2)

連休おしまい。。

2010年07月19日
あんまり、連休という言葉も関係ないのですが。。。
夫が家にいると…ペースが乱れるしーっしーっ

それにしても暑かったですね~
明日からもずっと暑いとか?
いやんなるぅ
夏の風物詩「セミ」たちもぞくぞくと羽化しているという気持ち悪い写真が
新聞にも載っていたので(虫嫌い)
まさに夏真っ只中ですね。。

暇なので
IMGP3040.jpg

これくらい読みたい本がたまっていたので
ひたすら乱読!!
机に積みあがっているときには
「早く読まなきゃ」とあせるのに
とうとう読む本がなくなったら
本屋のはしごか、アマゾンと首っ引き(笑)

ま、病気ですね

よんでいいなぁと思った文節などは
後日またアップしたいとおもっています。

しかしよく読み、よく飲み、とにかく引きこもっていました わはは

夏休みが始まると(ワタシにゃ関係ありませんが)
色々客人が来たり…と、なにやら気ぜわしそうです。

暑くないところにいきたいです
日記 | コメント(0)

たまには。。

2010年07月17日
はぁ。。。すで酔っ払い状態(笑)
うまく更新できるでせうか。。。

梅雨明け宣言!
朝から超暑いですね
煮えています。。。我が家^^;
エアコンなしでは生きていけません

昨日は首凝りがひどいので
マッサージへGO!
其処は夫の勤務先のすぐ近所。。。なので
帰りは最寄り駅から自力で電車で帰ります。
朝8時に家を出て(夫と一緒に)会社で時間をつぶして^^;
10時頃に接骨院へ行き、11時には肩も首もすっきり(でも一瞬なんよ。これが)
近くの商店街など見どころ満載の町!!
抱えきれない買い物の荷物で全てを夫に託し
最寄り駅から電車に乗る。
我が家の最寄り駅に着き、再び買い物三昧(主に食料品ですよ)
やっぱり抱えきれないほどの荷物で這う這うの体(ホウホウノテイ)で帰り着きました--;
電車で40分ほどなのですが(都内なので)
帰り着いたのは17時。
(何時まで買い物し㌧ぢゃーーー

というわけで
その商店街の八百屋さんで買ったシソの葉。
ジュースにしてみましょ♪と
ブログ友達みつきさんのブログのレシピを参考に
茎を取り葉っぱだけにした大量のシソの葉。
沸騰したお湯に3分

時間になったら葉を漉してこんな色に。
お砂糖を加えて煮溶かして。。でも。。あれ?赤くないよなーーー
IMGP3064.jpg

そして、レモン(クエン酸で可)投入!
うれしいくらいに色が変わります
IMGP3066.jpg

冷ました後
IMGP3069.jpg

こんな感じです♪
きれいだ~と、しばしうっとり

夜はそのシソジュースが。。。焼酎と溶け合って
これまた素敵な液体に代わりました(あほ)

基本的に甘すぎるものが苦手なので
購入したシソを包んでいたビニールに書かれていたシソジュースの作り方レシピを
参考にしていたら多分飲めなかった
みつきさんのレシピのお砂糖は300gくらいとあるのだが
市販のビニールには800g以上だとーーーー

ともあれ
他のねたも書こうと思っていたが

どうも酔っ払いの兆しがそこかしかにでているので(笑)
醜態をさらす前に。。。
今日はやめておきます(ちーん)
おやすみなさーーい!!

日記 | コメント(4)

クルミのラー油!

2010年07月15日
rikamintさんのブログを見て大いに刺激を受け
大好きなクルミのラー油に挑戦!!したでごじゃる

↓これが出来上がったラー油


我が家は辛いものがあまり得意ではなく
山椒もちと苦手なので
このラー油は辛さの調節もできるのでぴったりっぽい^^。

IMGP3053.jpg
rikamintさんの足元には到底及ばぬが
豚しゃぶの上にかけたり、フライドポテトの上にそっと乗っけたりして。。。
すごく美味しかったぁ~
IMGP3056.jpg

ちなみに今宵のメニューは
・ところてん
・きゅうりとささみの酢の物
・お味噌汁
・フライドポテト
・豚しゃぶ くるみラー油添え

夫はクルミが実は得意でないので
食後、お皿を見ると大き目のクルミの欠片だけが残っていた^^;
ま、いいけど

なお、クルミのラー油のレシピに興味のある方はrikamintさんのところへGO!

ところで、つい最近発売?されたチュウハイ
期間限定と書いてあるのだが
アルコール分9%やってーーー
結構きりっとしてて美味しいです^^
あんまり甘くもないし、お薦め
IMGP3041.jpg

      o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o。゜・。・o゜・。゜・。・o゜・。゜・。・o

話し変わって昨日のブログの追記。。

いいたいことの10分の一もまとめられていなかったけど
今日斉藤一人さんの本>にうまいこと書いてありました。
斎藤一人 変な人が書いた驚くほどツイてる話 (知的生きかた文庫)

「きょうそうはきょうそうでも競争でもないんです。【共創】なんです。
こういうやり方をしたら一番になれたよ!とかちょっとしたコツとか
知っている人がすぐに教えてあげるんです。
するとみんなそれを真似します。うまくいった人が言うことなんだから。
共に作る共創をするんですよ。
人間は魂の修行の中で、二つ絶対やらなければならないことがあるとしたら
一つは知っていることをもったいつけずに教えることができるということ。
二つ目は知らないことを素直に聞けること。
それがぐるぐる繰り返されるんです。
仲間ってそういうもの。
なんでも自分の知っていることを素直に教えて、
わからないことは知っている人から聞く。
それでことは済むんです。
たったそれだけで人生はすごくラクなんです。

人は本来強い生き物なんです。
みんな一人一人それぞれが地に足をつけて立って初めて
人を助けることができるんです。
もたれあいではなく。」

そういう仲間が自分の周りにいる共創社会作りませんか?

あら?
ちょっとずれてしまっているかなぁ。。。



日記 | コメント(0)

差別意識

2010年07月14日
シェアブログです。

yumiさんのブログを読んで衝撃を受けました。
人が同じ人を差別をするということ、そしてその愚かな行為の後には。。。
注意:この映像は10分少々あります。

画面が小さくて見づらい場合は、その下のリンクをクリックして
より大きな映像でご覧下さい。

BS世界のドキュメンタリー 青い目 茶色い目 ~教室は目の色で分けられた~(Class was @ Yahoo! Video


 元画像は コチラ→http://video.yahoo.com/watch/1412566/4857610


「あなたは茶色い目だからお父さんに蹴られたのよ」
そういわれた時の少年の表情。
差別されるようになってしまった子達の無気力でやるせない表情。

それをみながら私の胸には、多くのものが去来しました。
大人になる前に、ほとんど多くの大人が体験したであろう、いわれのないいじめや差別。

それがモノの15分で、あたかもそうであった事が普通になってしまうかのような空気感。
差別されて、やり場のない怒りが攻撃的になりそうでもあり、
もう一方で休み時間すら遊ぶ気になれない子どもたち。

その一方で
差別する側になった子たちは瞬時に上から目線になっていることもわかります。
そして、なぜか生き生きしているようにも見えてしまう。
人より優位に立っている、自分は優れているという意識で
学力が著しく向上したという、驚くべき効用。悲しい現実ですよね

自分に何ができるんだろうと
心の底から思いました。
自分も経験してきています。
だからいじめられる側の少年や少女の傷ついた心が、手に取るようにわかってしまうのです。
でも、同時に「あの子はいじめられている」ということを黙って感じることも学んでいます。
…もしかしたら人は現実にこういう思いをしてからでないと、理解できないのかもしれません。
差別意識の本当の怖さを。だとしても誰が文句を言えるでしょうか…


そして、何よりこのことは、たまたま差別意識の恐ろしさを心配した女性教師が
敢えて子どもたちにした実験ですが
大人の社会にも普通に存在しているという事。

競争社会という概念が、人より優位に立たねばならないとか
人と比べるために自分をことさら卑下することを
育ててしまっているのではないかと思います。
競争社会がダメなどということはできませんが
少なくとも、人より優位に立っていることで向上するよりも
「今のままでいいんだよ」と、認めてくれる人がいる中で
「あなたが頑張るならワタシももっと頑張るわ」とお互いがいえる
自分は優れているという意識が、その子の成長を促進させるのであれば、
人と比べて、ではなく、
周囲が褒めて育てて得意意識を持たせてあげればいいのです。

そして今の私たち大人にとって急務なのは
子どもにとってのそういった周辺環境を少しでも
整えてあげることが必要な気がします。



あなたはどう感じましたか?
よければ感想を下さい。

日記 | コメント(0)

ソノリテについて

2010年07月13日
いつも練習はじめの練習
「ソノリテについて」

このテキストはルディック版なので、とても高価なものだ。
うっす~いクセに(30ページありません)定価で買うと6300円!!
以前から度々話題に上がったように、楽譜は財産といわれて育ち。。。
しかもこの本はフルートを吹く人のバイブルとまでいわれています(笑)

今さらながら、そのバイブルを熟読し「なるほどねぇ」と感慨深く思うのです。
高校生の頃にこの文章の意味がわかるわけもなく、考える気もなく…残念やったなぁ(泣)

中でもココロが止まるのが
【 演奏解釈における音の統制 】という件。
「・・・(略)理性は本能よりも優位にたち導く時間をもっているが、
タンペラモンを抑圧してはならない。私の意見では、みごとな演奏は
この巧みな均衡を基礎とすべきである。」

タンペラモン(temperament)とは。。
【仏語。気質、中庸の意で、人間の持つ感情あるいは感覚の本能的特性をいう。 】

わかったようでわからないようで、なんとなくわかる?
ま、訳者の力によるところなんでしょうねぇ
小難しい日本語になっています。(吉田先生すみません

あらためてその件について考えてみた。
「(タンペラモン)気質・感覚を抑圧せずに吹きなさい」ってことだよね??
自分の感覚のままに流れに乗って自由に吹きなさい。でもあくまでも
基本はメトロノームにそったテンポであり、楽譜どおりの強弱であり、
楽譜どおりの演奏ができて初めて、その上にあなたの自由な心向きで吹くのです」

こんな感じかしら。

これってふと、音楽に限らないよな~と思いあたる。

個性、個性っていうけれど
一応全うなラインや規則や、約束事を知っていて初めて崩すことができる。
このちゃんとした「個性」として言葉が使われることのなんと少ないことか。
私の周りでは「あの人、個性的だよね」とかいわれるときは
大抵。。悪口というか皮肉っぽく使われたりしているよなぁ
自分の主義主張を個性だと理解してもらいたいのならば
きちんと筋を通すってことでせうか。。。

この歳になって
今さら理論を勉強しているような気がするけれど(フルートの)
だから楽しくなってきた気がする。
それこそ、これまではタンペラモンなんか抑圧しまくりだったろう。^^;
なんとなく、とかそのときの気持ちでとか曖昧な技術と表現で
何を吹いていたのかわからない。それが怖い。
いや、それでできる人は天才といわれる部類の人なのだろうが
(あー!だからすぐ緊張してたんだな~って今さら気付いたり。)

ともかく言えることは
ワタクシごときは。。。常に努力の人でなければならないのだ。

すみません
今日は珍しく酔っていないので(爆)
くそまじめな(あー失礼!)
ただのつぶやき&気付きのメモ日記になりました。

nirinsou.jpg


日記 | コメント(0)

なんで?

2010年07月12日
最近…めっきり弱くなってしまった
 


相変わらずの酒ネタですが。笑

一応週末と平日は飲み分けているのだけど(?)(自分の中ではネ)

このところ昨日も今日も夕飯を終えた後
テレビの前で…寝ていた
ねむたぁ。。。っていう意識もなく
気がついたら寝てた的な。。。

そんなに飲んでいるわけではないんだけど
何本何を飲んだかは秘密だけど

缶チュウハイにビールにビールに。。。みたいな
それもチュウハイはジュースみたいなもんだし
いわば、食前酒でしょ?
知れてるじゃん
ビールだって食事をより美味しくするためのアイテムなだけで…

たはっ(*^。^*)

おかげでその後、片づけしてお風呂入って…とすると
本も読めないし、やりたいこともできない時間になり。。。
いかんいかん
時間効率が悪すぎるので
お酒は控えめ、夕食後はさっさと片付けて、ほかのことしよっ
(一応今日は強くそう心に誓いました)
 
  :*・’・*:.。★。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。★。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:

ふと「みゅう」を探す。
大して広い家ではないので知れてるが。笑

あ!

IMGP3036.jpg


え?
生きてる?
一応13歳なの。
…人間でいうと68歳くらい→猫の年

IMGP3033.jpg


なんだ
ただひっくり返って寝てるだけやった
IMGP3037.jpg
しかし。。。みゅうもお年頃やな
長生きして欲しい。。。

ひっくり返って寝ているみゅうの隣の部屋で
私はこれを作っていました

今回は夏らしいです
IMGP3009.jpg
日記 | コメント(4)

リベンジ!

2010年07月11日
昨日の料理の画像が。。。イマイチだったので
リベンジ^^;

IMGP3024.jpg
と。。。いうほど立派な献立があるわけぢゃなかった^^;ぎゃ
スジと大根は午後から煮込んだけど

夏の煮込みは大変だわ
換気扇回すだけで、エアコンの冷風も逃げて暑くなる
圧力鍋を使えば早いけど。。。鍋を出すのが面倒 大した量じゃないので。。。

IMGP3027.jpg
…なんか結局リベンジというほど
いい画像が撮れている訳でもないみたい(泣)
↑これは今が旬のアスパラを豚バラ肉で巻き巻きして
醤油とみりんとバターで照り焼きにしたモノ。プラス温泉卵のっけ。

夫は写真に写ってる白ご飯を食す。
ワタシは…モチロンこれ!!笑 敢えて控えめ画像 __.jpg

それまでどんなによその部屋で爆睡していても
ごはんよ~って声を発する5分前には待機している姫君。
IMGP3032.jpg
この位置でずーーーっと待ち続けるのです。
カワイイ

あっ でもご飯の時だけだけど。。


日記 | コメント(5)

あれれ

2010年07月10日
デジカメの画像がイマイチなので
夫のi-phoneならどうなのかと。。。試してみた。

写真

試すには不似合いなぐらい…気が抜けたメニューやったんやけど
ともあれ、仕方ないっしょ?
(あれ?ひらきなおる?)

なんか。。。美味しそうじゃないよね
(><)

ざんねんっ!!   ふるっ


ま、しばらく
デジカメを新装する予定もないので
…今のを少しでも美味くとれるように工夫してがんばるわっ


あーあー

ホント
思った以上に残念な写真やな。。。



今夜は久々に馴染みのビールをゲットして(オットが早く帰ったので)
すっちゃらか♪あけて。。。すっかりいい気分です♪

性質が悪くならないように
静かにネットで遊んでいます(しーーーーーっ)

にゃはは

静かにできないのだよ。これがまた(笑)

日記 | コメント(0)

演じて。。

2010年07月09日
過去ログです

「カルメン幻想曲」をレッスンで見ていただいていたときのこと
師匠が私のハバネラを聞いて一言。

ポンと背中をたたきながら
「この曲の背景知ってる?」
と笑いながら。。。

不覚にもほとんど何も知らなかった。
オペラ「カルメン」の中の曲を組み合わせてフルートの小品にしたことくらい。。爆

カルメンは勿論主役の女性の名前。職業は娼婦。

そう説明しながらも
師匠が「うーーーん。演じてみな。君のキャラだったらおよそ思いつかないだろうから
どうやって誘うか、どうやって射止めるか、想像の世界でいい。
今のままだったら、あまりにつまらないというか、清楚すぎる(笑)」

およそ言葉を選びながら助言いただいた。
くぅ~
娼婦かぁ・・・
演じるかぁ・・・

ということで
ハバネラを聞くと、そのレッスンの一こまを思い出す。

色んなハバネラがあるよね
この方↓(アンジェラ・ゲオルギュー)はセクシーで声量もあり
やるぅ

魅力たっぷりだわww

え?
私のカルメン?

結局女優になりきれず

女性としての円熟期を迎え
今まさに最高潮(ということにしておこう)

だが

その手の魅力をプンプンににほわすことは
実生活で無理なのだから
・・・
しかも師匠のその演じろって言葉がプレッシャーとなり

できないという刷り込みに変わり

「カルメン幻想曲」本番の日の目を見ないまま。

いい思い出デス



日記 | コメント(0)

哲学

2010年07月08日
宗教評論家の「ひろさちや」さんの本を読んでいる。

「般若心経」実践法 (小学館文庫)

般若心経ってなんやろ?って素朴に思っただけなのだが。

するとその、ひろさちやさんのいいたいことを噛み砕いて
説明してくださる宮本さんという方の文章!
これまたわかりやすく
ものすごくなるほど~と納得してしまったので
ちょっとシェア。

「取り越し苦労 」

飢えたロバがいました。腹をペコペコにすかしていたのですが、幸運にも
乾し草の山を見つけました。だが、2つの乾し草の山を見つけたのです。
それは不幸なことでした。
ロバは「どちらを食べればよいかの?」と迷ってしまったのです。

どちらを食べてもいいのだから、ちっとも迷う必要はない、と思うかも
しれませんが、それは大きな間違いです。
迷いというものの本質は、迷う必要がないから迷うのです。
たとえば、昼めしに鰻重を食べるか、お寿司を食べるか迷います。
それは、鰻重を食べても、お寿司を食べても、どちらでもいいからです。
迷う必要がないから迷うのです。鰻の嫌いな人は、迷わずお寿司を食べるでしょう。

人間は「未来」に対しても迷います。それは未来が「わからない」からです。
私は(ひろさちや氏のこと)20年間、大学の先生をしていました。
理科系の大学で哲学を教えていました。哲学の先生だからでしょうか、
ときどき人生相談に来る学生がいました。

その学生の迷いは、この大学をやめて他の大学に行こうか、それとも
この大学をこのまま卒業しようか、というものが多かったのです。

「好きなようにしたら....」と、私が言いますと、「自分が何が好きなのかが
わからない」と学生たちは答えます。彼らは、「この大学に残ると、
自分の未来はどうなるか」「他の大学に移れば、自分の将来はどう変わるのか」
それを知りたいと思っているのです。それも正確に予測したいと思っています。
でも、そんなことはわかりません。

「いろはかるた」に、「一寸先は闇」というのがありますが、まことに
私たちの将来は、一寸先がわからないのです。日本経済がどうなるか、
1ドルが80円になるかならないか、そんなこと、私たちにはわかりません。
いや、それどころか、その学生の寿命がどれだけか、予測なんて不可能です。
ひょっとすれば彼が翌日、自動車事故で死ぬかもしれないし、東京に直下型の
大地震が起きて、東京都民が一人残らず死んでしまうかもしれません。
だから、この大学をやめたほうがいいのか、やめないほうがいいのか、
誰にも予測できないのです。

私は、人生相談に来た学生に言いました。「迷っているなら、サイコロで
決めなさい。2つのサイコロをころがして、丁が出たらやめる、半が出たら
残る。そう決めるといいよ」 そうすると、たいてい学生は怒りますね。
「先生、ふざけないでください。ぼくはまじめに相談に来ているのです」

2つの乾し草の山を見つけたロバの話にもどりましょう。
ロバは最初、右の乾し草がおいしそうだと思ってそちらに歩いて行くのですが、
途中で左の方がうまそうだと考えて、それで左に行きます。しかし、左に向かって
歩いているうちに、やはり右の方がいいと思い直して再び右に引き返す。
すると、こんどは左の方がうまそうに思える。それで左に向かう。
そうしているうちに、とうとうロバは翌日、2つの乾し草の中間で飢え死にをした。
そういうオチがついている話です。愚かなロバです。

しかし、わたしたちは、このロバを嗤(わら)えません。
わたしたち自身、このロバと同じ迷いを迷っているからです。
どちらを食べても同じなのに、だからちっとも迷う必要がないのに、
それを迷いに迷って苦しんでいます。それが人間なんです。

実は、その問題を、われわれは『般若心経』に聞いてみたいのです。
『般若心経』であれば、そのような問題にどう答えるか? それがわれわれの
テーマなのです。

たとえば、あなたが癌を宣告されたとします。あなたが癌にかかって、あと1年の
寿命と言われたとします。そのまま何の治療もしなければ、1年の寿命しかない。
しかし、放射線療法をすれば、ひょっとしたら癌を克服できるかもしれません。
だが、その成功率は7パーセントです。さあ、あなたはどうしますか。

放射線療法を受ければ、いろんな副作用があるようです。頭髪が全部抜け落ち、
肌にはしみが出てきます。全身にむくみが出てきます。そして、精神的にも
げんなりとし、虚脱状態になるようです。そうなることを覚悟で、成功率
7パーセントに賭けて、あなたは放射線療法を受けますか?
それとも、まあ普通の状態で死んでゆきますか?

そこで、迷いが生じます。いや、迷いが生じる人がいます。でも、言っておきますが、
私は迷いませんよ。私はそのような状況に立たされたら、ためらうことなく治療を
拒否します。普通の状態で死んでゆくことを希望します。

けれども、この点を誤解しないでほしいのですが、それが『般若心経』の教え
ではありません。『般若心経』は、頭髪が全部抜け落ちて、見るも無惨な姿に
なって生きるよりは、むしろ人間らしい姿のままで死ぬほうがましだ
と、そんなことを教えているのではありません。『般若心経』が教えている
ことといえば、そんなことはどっちだってかまわないということです。
そんなことにこだわるな、というのが、『般若心経』の教えです。
   
キリスト教のイエス・キリストも
「明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。
その日の苦労は、その日だけで十分である」(マタイによる福音書6)
と言っています。

私たちは、取り越し苦労をやめて、今日のことだけ考えていればいいのです。
だから、癌を宣告されたとしたら、そのときに迷えばいいのです。
そういうときには誰だって迷うのですから、そのときになってしっかりと
迷えばいいのです。それが『般若心経』の教えです。

私は迷わない、といったことは、考えてみると『般若心経』の教えに反する
ものです。『般若心経』がわれわれに教えてくれているのは、迷っていいのだよ、
大いに迷いなさい、ということです。それを、偉そうに私は迷わない、と断言する
なんて、もってのほかです。

われわれは、もし癌を宣告されたらどうしよう...と、なにも取り越し苦労を
する必要はありません。浪人生が、来年も受験に失敗したら....と思い悩むのも、
取り越し苦労です。いっさい、取り越し苦労はやめましょう。
私たちは、取り越し苦労はやめて、そのときになって真剣に考えればいいのです。


【 迷いというものの本質は、迷う必要がないから迷う 】
この言葉って…私みたいな優柔不断で決断力がないと思っている人間から見ると
なんか。。。絶句に値します^^;

日常の小さなことに一喜一憂したり
悩んでも仕方ないことを後生大事に抱えて「ふーっ」とため息ついたり
ともすれば、隣人の悩みですら自分の問題のように抱えてしまったりしませんか?

あ?私だけ?。。。??

なーんだぁ
それもそうやね
。。。なんてはじめて気がついたり。

明日大地震がくるかも。。。などと思い怯えて暮らす…意味のない不安。
ばっかみたいですよね

でもそこまでには至らないけど
大なり小なり
少なくとも私は今・現在ではないトコロを案じる気持ちも強かったので

ものすご力が抜けました。

取り越し苦労は止めましょう。。ケセラセラですな~(単純)
妙な不安にかられそうになったら
心が落ち着くような心地いい音楽を聞いたり
美しい絵画を見たり、可憐な花を愛でたり
思いっきり笑うようなことをしたり、
おいしいモンを食べたり。。。

そういうちっちゃな幸せでカバーしてみると
上手くいきそうですね

人間の究極の幸せって(私なりに思うことですけど)
今生をまっとうして死ぬ瞬間に「あーいい人生やったな。。。(みんな)ありがとう」って
逝けることじゃないかと思うんです。
決して「あれも辛かった、こんな意地悪された、あーひどい目にあった」なんて
間違ってもそんな終わり方したくないデスよね。

DX06406.jpg


日記 | コメント(2)

あーっ

2010年07月07日
夕刻、PCを前に遊んでいると

ドガーンッ

となにやら耳慣れない、わがマンションも若干揺れるくらいの振動。

気のせい?

と、みゅうを見ると
IMGP1048.jpg

寝ていたのに(ひっくり返って)むっくりと起き上がっていたので

やっぱなんか音したよね?



窓をあけて覗くと。。。白い煙がもうもうと。



なんと
うちの裏は高速道路が通り、その下がトンネルになっているのだが
その高速道路の橋脚の下部分に車が突っ込んで大破

びっくりしたなんてもんじゃない

体が震えて

一歩も動けなかったですwww

とにかく車の前部分は形がないので乗っている人は大丈夫???

と心配でしたが

おじいさん(推定60代後半)が足を引きづりながら救急車に乗り込んでいきました。

命に別状はなかった模様であーよかった。

にしても
①パトカーが来る
②警察官のバイクが来る
③事故用ワゴン車が来る
④救助車が来る
⑤やっと救急車登場
⑥事故処理車来る
⑦事故処理完了

ココまでの行程の長いこと。
おそすぎっ

ずーーーっとベランダから動けなかったんだから

(ってか。。。ヲイ的な。。。)

予期せぬことって…起きるモンですねぇ(しみじみ)
あーこわかった
DX06457.jpg


日記 | コメント(2)

sorry!

2010年07月07日
コメントのところにもかきましたが

ちょっと

うれしげに

「コメント承認」

等というものに設定したがために

仕組みが変わっていて

皆さんのコメントに気付くのが大変おそーなりやした

あーびっくりした

ホンマにびっくりして

。。。学習しました

でもでも
拙いブログでも
読んでいてくれるんだぁと

。。。うれしくなりました(何を今さら)

単純なんです

はい

褒めて伸びるタイプですから


ともあれ
お詫びを。。。

以後気をつけます
日記 | コメント(2)

楽譜を。。

2010年07月06日
ヤマハ横浜店に初めて赴いた。
楽器もみて貰いたかったが、リペアの人がいなくて
預かりならできるといわれたが
事前に電話で問い合わせたら、予約なしでその場ですぐできるということだったから
「さすが横浜!都会は違うわ」なんて
思ってたのにぃ

なのに
リペアマンじゃない人が出てきて
「私が拝見します」などと。
「はい。お願いします」

「前回いつオーバーホール(車で言う車検みたいなモン)されましたか?」
「んーーーと、忘れました。4年以上は前です。」
そういうと
「そろそろオーバーホールに出されてもいいかもしれませんね」と。
「は?え?先ほども申し上げましたが悪いところはないんです。
ただ1年以上診て頂いていなかったので、確認のために・・・と思ってきたのですが。
とりあえず問題なく鳴っているんです」
「えー。。ま、ですからちょっと変わっていいかも…って感じで」
「・・・」(愛想笑いすらできない)
なんつー適当なことを言うんだ

ま、いいや
結局、広島にいたときもメンテ以外は東京まで送っていたんだし
その方に連絡しようということで(最初からそうしろっつー話で)


気を取り直して
楽譜を選ぶことに。

音楽家にとって楽譜は財産です
そういわれて何十年も経ちましたが
…書き込みして、バッグに入れて引きずり回すうちに
楽譜の角はぼろぼろになるし、さりとて売れるようなものではなし
なのにもかかわらず
何十年も前の恩師の言葉が未だ心の中に残っていて
…楽譜と料理本を買うのは大好きなのです(意味不明)

久しぶりの大量楽譜を前に2時間以上もテンパってしまった
自分の為の教則本か、レッスン用の生徒さんに使えそうな楽譜か
判断に悩むところ。。。

今回は自分の練習用に4冊購入!!
その1冊がこれ!↓
フルート カルク=エラート/30のエチュード
フルート カルク=エラート/30のエチュード

しかも比較的安価!1050円だなんてうれすぃ。。

ということで張り切って家に帰り、楽譜を広げた。

が。。

難しい。。

調整もちと耳なじみがないので
音を間違えてもわかりにくい。
ちゃんとアナリーゼ(楽曲分析)してからじゃないと
でんでん。。吹けん

無理やり初見試奏で10番くらいまでいったけど
集中力も切れ、ぼろぼろ
ひどすぎる

しかしながら
久しぶりに骨のあるエチュード
ともすれば
挫折したくなりそうなエチュード
…がんばりますっ
日記 | コメント(0)

ムシムシ

2010年07月05日
蒸し暑い日々が続きます

ココ数日不満があるとすれば、それを不満といってもいいのなら。。

いつも飲むビール(発泡酒ともいう)はコチラではほとんど売っていなくて
周辺5件のスーパーには間違いなくない
車で行かねばしんどいところにある大手ディスカウント酒屋「やま○」
にならあることを知った時の喜びといったら 。。ルネッサ-ンス♪ ふるっ


だけど
足がないといけないの
。。。

先週からそのビールがなくなり
。。。買いに行けてないから
仕方なくいつものではない銘柄のビールを色々お試し中

まぁ悲しいことにどれもイケテナイ

元々1本空けてしまえば2本目から味云々は気にならなかったくせに
1本目がイケテナイと…全然ダメダメぢゃん!

ちまちまとスーパーでビールを5,6本を限界に(重いから)買ってくる私を見て
遅くに帰宅する夫は「効率わるっ」とのたまう。

ビールを買うためごときで「早く帰ってきて!」という嫁は悪妻か?
いや
もはや私とビールの関係は切っても切れないものだから「ごとき」とは
いえないのではないか?
(ばか)

仕方がないので
届いたばかりのスパークリングワインを開ける。
(実は喜び)
IMGP2540.jpg

今宵も半分ほど飲んだあたりでいつの間にか栓をされ冷蔵庫に。。。
いやーん


その夫。
昨日電話で話している声が聞こえた。
「七色たんぽぽがどうしても欲しくて。。。
うん・・・一緒にさがしに行きたい…なかなかみつからないから…」

「七色タンポポ?」なに?だれと?どこに?
え?
そんな話、聞いたことないし。。
??

・・

・・
・・

・・





ゲームの話やった(あほくさっ)

この人にもなんやロマンチックなトコ 残ってるぢゃん
なんてちょびっとだけ思ったのに^^;



そう思って
ふとぐるぐるに丸まって
どこが頭か尻尾かわからなくなっている猫発見!!
(嘘 ホントはわかるけど 笑)


日記 | コメント(0)

聞くということ。。

2010年07月04日
本日のレッスン。

「気付いたことがあります。」

音を出すときに喉の奥の方で音が鳴っている。
確かに体の奥の方から空気を出してきて鳴らすのだけど
なにか、彼女の出す音に違和感を覚えていたので
これまでにも指摘していたことだった。

もっと吹いて!
風を前に送り出して!
口先に集めて!

「無意識に自分の体の中で音を共鳴させればいいのだと思っていました。
だから、外に出さずに体の中でまとめるというか。。。
歌もそうなんですが、声が前に出ない。これってフルートを吹いているときと
同じじゃないのかしら?って気がついたんです」

とてもいい内観ができたと思いました。
一つ自分の癖に気づくということは
やみくもに吹かなくなってきたということです。
ちゃんと意図して音を出すということ。
その音も計算されたこの息でスピードでこの角度でこの圧力で
   「ゆえに」この音がでた←結論。

偶然でもたまたまデモなぜだかでもない。明確に意識するということ。
これが大事です。

それができるようになってから、またはじまります。

私がいつも自分に言い聞かせていること。

【 音をもっと聞くということ。

自分が鳴らしている音を聴く自分。

外で鳴っている音を聴く自分。

自分の中で鳴っている音を聴く自分。

3人の自分をもち、その音を聴く、聴こうとすることを忘れないということ。

自分を客観視しようと試みると不思議と自然に音が広がる。】

日記 | コメント(0)

ココでいい

2010年07月03日
友人の個展にお邪魔してきました。

増田佳子さんHP→http://www.yoshikomasuda.com/

彼女の絵は抽象画で、
代表的なハガキの絵もピンクのポワンとした柔らかな色彩ですが
他にどんな絵があるのかとても楽しみにしていました。
今回は大きな絵ばかりで、小さめの作品は7,8点だったかな。

当たり前ですが
色んな彼女がその場に存在していました。
生命力や躍動感や、緻密さや大胆さや熱情も。
普段のおしゃべりするだけではわからないたくさんの表情が垣間見えて
とても楽しかったです。



音楽もそうなのかなぁ

自分ではよくわからないけど。。。

込められた想いにある程度は比例するよな(独り言)

だとすれば「あそこ間違えたとか、ダメじゃんとか、いけてない」とか。。

荒さがしや反省しながら曲を吹き続けることの意味のなさ。

結局集中してないっつーことだし。^^;

ともあれ
いい話を聞くことができたのでおすそ分け。笑

【 一つの作品を描きながら、たくさんの色を色んな角度で
ちりばめ、重ねていくのだろうけど
「ココで終わり」っていうポイントは存在するの?」】と質問しました。

自分にいつも問いかけているからでもあります。

特に練習などはココでいいという線がみえません。ありません。
本番の演奏ですら100点満点で吹けることなんて…経験ないし。(爆)
それが目に見える絵画だとあるのかなぁという素朴な疑問です。

すると彼女が教えてくれました。

「いい質問!それがねぇ。。。あるのよ。
きちんと明確に。それよりも多くても少なくても(筆の入り方が)
絶対にダメなの。自分の中で◎が出ないの。
誰に聞いても答えは出ないし、そのよし!が自分の中から出ないために
もんどりうつくらい苦しむことも多々あるけど
よし!が出たものは本当にクリアになって
妙な話、よし!が出ていない作品が一つでも並んでいたら
あ、これ終わってない。。ってわかっちゃうくらいなの。」

まぁ、音楽で例えるのには加筆や減筆の必要がないから無理なのだけど

その言葉をずーっとかみしめながら昨日今日と過ごしているわけです。

何にでも言えることだけど
「ココでいい」といえることって自分にぶれがあるといえない言葉だなって。
ある意味自分の感と連動している。
ぶれている時って自信がないわけだから不安になるんだよね

いわゆる意思決定力ってやつかしら。。


たまには時々ぶれてしまう人間味溢れる自分を褒めてあげたくもなるけど
そればかりじゃーねー
だめっしょ?
強い自分になりたいと思っているわけじゃなくて
自分を見失わない自分でありたいだけ。。。みたいな?

なんか
イマイチやな。

一緒に行った友達を含め3人で色んなおしゃべりをして
ギャラリーを後にした後。。

銀座で一番美味しいモンブランのお店へ…たまたまたどり着いた笑)
みゆき館「和栗のモンブラン
IMGP3014.jpg
あはっ
写真ぶれてるけど。。。

超久しぶりのケーキ!!
下のマカロンが甘くて。。私には余計だったかなぁ


楽しいおしゃべりと、ちょっとしたヒントと。

そこここに溢れるあふれる気付きを大切に生きたい。。今日この頃です。












日記 | コメント(0)

なぜか

2010年07月01日
夫が風邪気味で夕方5時過ぎに帰宅。
練習をしていたのだが、やめて。。。うだうだ。

夕飯の仕度とともに。。。ビールを開けて
さして飲んだわけでもないのに

。。。そのまま
片付けもせずにソファで寝てしまっていました

目が覚めてびっくり。

ソファに横たわる前の自分を覚えていない。。。

やべっ

暑くて頭がやられたのか??



ともあれ

明日は友人の個展に友人とお出かけ
楽しみ盛りだくさん
報告いたします(多分)


今夢中になって読んでいます
理性のゆらぎ (幻冬舎文庫)


インドに行きたくなってきた(笑)
日記 | コメント(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。