FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

父と母の仲間

2006年04月15日
父が生前付き合いのあった友人たちがお花見をかねて湯来に来ることになった。
母は前日から準備。
私は昨日はレッスンが遅かったため、
&その彼らを乗せて行かねばならないため
あまり戦力にはならない。

今日はあいにくの雨。
寒い一日だった。
湯来も下の方や行く道すがら桜は綺麗に咲いていたのだが

(そりゃもう壮観ですわよ)
まだこちらは咲いていない。蕾もまだ幾分固いらしい。

お刺身やら山菜のてんぷらや、ケーキにデザート、バラ寿司に
お肉を焼いたもの、野菜のつけ合わせなど
野菜中心のメニューでお客様たちは大喜び。(写真撮り忘れ)
昨夜母はほとんど寝ずに準備したに違いない。
去年は10人以上いたのに比べると今年は私を入れて8人だったので
こじんまりしていたが、父の思い出話をしたり、バカな話をしたり
歌を歌ったり、悩み事を話したり、
おじ様、おば様たちに混じっていつもと違う時間をすごした。

父や母がこんな人たちと時間を過ごしていたということが
肌を通じて感じられた。
みんな悩みながら生きている。
たくさんのお酒に美味しいお料理。
そして語らい。
そんな時間をすごすために毎日みんな頑張っているんだと
そう思う時間でもあった。
昼の12時ごろ着いてからお開きは8時過ぎ。
寝てしまった人たちも。(酔っ払い)
その中のお二人さんはそのままお泊りなので
母の接待は続く。
私は皆さんを乗せて帰途につく。
お土産の折り詰めのお寿司、ケーキなど
みんないい感じに酔っ払い、本当に楽しかったと口々に。

人とのコミニュケーションってホント大事だね。
父や母が大事にしている理由がわかるようになってきた。
おさんどん大変だけど、みんなの笑顔が母の原動力になっていた。

私も最後の方を駅で降ろし帰宅する。
だんなさんがお腹をすかせて待っている。
ぱぱっと準備をしてだんなさんも夕飯に。

心地よい疲れという感じだ。
気疲れや運転疲れも若干ないとはいえないし、飲み足りなかったし・・・(爆)ご心配なく。帰ってから飲みました。(笑)
だが、私もみんなの笑顔でさわやかな風が吹いたように
癒された気がする。


日記 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示
« どたばたと | HOME | 調査 »